@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

垓下【がいか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

垓下
がいか
Gai-xia; Kai-hsia
中国の安徽省にある古戦場の滅亡後,西の覇王と称した項羽に対して劉邦 (→高祖) が反抗し,楚漢の争いが起った。最初優勢であった項羽も次第に劉邦に圧迫され,前 202年,ついにこの地で囲まれた。四面楚歌の声を聞いて,漢が故郷の楚を征服してしまったと思い,愛姫虞美人 (ぐびじん) に別れを告げて,最後の決戦を挑んだが大敗した。これを垓下の戦いという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がいか【垓下】
中国安徽(あんき)の古戦場。紀元前202年、の高祖劉邦(りゅうほう)大軍項羽(こうう)を包囲した地。項羽は四面楚歌のうちに敗れ、烏江(うこう)で自殺して、漢王朝による天下統一が成った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がいか【垓下】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がいか【垓下】
中国、安徽あんき省にある古戦場。紀元前202年、楚の項羽が漢の劉邦の大軍に包囲され、四面楚歌のうちに敗れた地。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がいか【垓下】
中国、安徽省霊壁県東南の地。楚の項羽が劉邦(漢の高祖)の軍に囲まれ、敗れたところ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垓下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垓下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation