@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

垣立【カキタツ】

デジタル大辞泉

かき‐たつ【垣立】
《「かきだつ」とも》和船の左右の舟べりに、垣根のようにてた囲い。かきたて。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かきだつ【垣立】
かきたつとも
和船の左右のふなべりに欄干状に作られた垣。 → 和船

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かき‐たつ【垣立】
〘名〙 (「かきだつ」とも) 和船の舷側上部を構成する欄干状の垣。近世の大型商船(いわゆる千石船など)や軍船では、複雑かつ大掛りのものとなり、中央の伝馬込(てんまこみ)より前部を舳(おもて)垣立、後部を艫(とも)垣立という。商船の場合、艫垣立は舳垣立より高く造られ、艫の屋形の側面を構成し、ここに乗組員の出入り口である開(かい)の口(くち)や窓を設ける。軍船の場合は総矢倉といって舳から艫まで六尺(約一・八メートル)程度の高さにするのが通例だが、小早船などは三尺(約九〇センチメートル)ほどで、これを半垣造りという。かきたて。かき。
浄瑠璃・頼朝伊豆日記(1693頃)一「文覚少もさはぎ給はず、千すぢのかけなは押切ってかきだつに足打もたせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垣立」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垣立の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation