@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

垣網【カキアミ】

デジタル大辞泉

かき‐あみ【垣網】
定置で、群を本網などに導くため、水中のように張る網。袖網

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かきあみ【垣網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かきあみ【垣網】
定置網の部分の名。魚の通路を遮断して、魚を身網みあみに誘導するための網。手網。道網。袖網。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

垣網
かきあみ
lead net
漁業の定置網の一部を構成する網。道網、手網、掛出(かけだ)しなどともよばれる。魚は障害物があると、より深部へ移動する習性がある。この習性を利用して、魚群の遊泳通路を遮断して、身網(みあみ)に誘導する役割をもつ網である。海岸近くの浅い所から沖合に設置してある定置網の端口(はぐち)(身網の入口)まで、表層から海底まで全面に、テニスのネットのように垂直に張り立てられる。遠浅の漁場では、長さが1000メートルを超える垣網もある。身網よりも沖合を回遊する魚を身網へ誘導するための「沖垣網」を張り立てる漁場(日本海能登(のと)地方)もある。
 垣網に用いられる網地は、従来は藁(わら)網(比重1.4)、綿糸(比重1.54)、マニラトワイン(比重1.45)などが用いられていたが、現在ではほとんど合成繊維が用いられる。主としてサラン(比重1.70)、クレハロン(比重1.70)、クレモナ(比重1.3)、ナイロン(比重1.14)、ハイゼックス(比重0.96)、パイレン(比重0.91)、さらにはシーキング(芯(しん)にサランを用いポリエチレンフィルムで被覆したもので、比重は1.45)などが用いられている。網目の大きさ(目合い)は、魚体周長よりも大きく、アジ、サバなどの比較的小形の魚を主要漁獲対象としている場合でも10~18センチメートル、ブリを対象にする場合は150センチメートルに及ぶ。したがって理論的には魚は垣網を自由に通り抜けることが可能である。網地の色彩は、黄色、濃橙色など魚の目につきやすく威嚇する色が多く用いられる。威嚇色を用いるのは、魚に垣網を障害物と認識させ身網に誘導するためである。[添田秀男・吉原喜好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かき‐あみ【垣網】
〘名〙 魚を本網、またはある場所に導き入れるために、前方水中に張りめぐらす網。袖網。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垣網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

垣網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation