@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【アイ】

デジタル大辞泉

あい【埃】[漢字項目]
[音]アイ(呉)(漢) []ほこり
ちり。ごみ。ほこり。「塵埃(じんあい)
[難読]埃及(エジプト)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほこり【×埃】
粉のような細かいちり。「がたまる」「だらけの車」「砂
数量や金銭のはした。余り。
「二千貫目足らずの商ひに九貫目の―を取り」〈浄・万年草

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あい【×埃】
数の単位。1の100億分の1。→位(くらい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい【埃】
〘名〙
① 土ほこり。ちり。
※性霊集‐二(835頃)沙門勝道上補陀洛山碑「埃涓委聚、画餝神都
② 分の一〇億分の一。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほこり【埃】
〘名〙
① とび散る粉のようなごみ。細かいちり。
※三体詩幻雲抄(1527)「塵多処へ雨ふればほこりに雨がつつまるるやうになるぞ」
② 数量や金銭などの余り。残余。はした。
※浄瑠璃・心中万年草(1710)中「二千貫目足らずの商ひに、九貫目のほこりを取」
③ きわめてわずかな物のたとえ。
※浮世草子・好色万金丹(1694)四「一時ばかりの慰みに、六十三匁出してほこりとも思はぬ息子も有」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

埃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation