@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

城山(香川県)【きやま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

城山(香川県)
きやま

香川県北西部、坂出(さかいで)市と丸亀市にまたがるメサ状の山。標高462メートル。花崗(かこう)岩の上に讃岐(さぬき)岩質安山岩がのっている。周辺の備讃(びさん)瀬戸の眺望がよく、瀬戸内海国立公園の一部。頂上には城跡があり、ホロソ石、マナイタ石、車道(くるまみち)、井戸の跡などから7世紀ごろの朝鮮式山城(やまじろ)の遺構と考えられ国の史跡に指定されている。山頂部にゴルフ場が開設され、登山道路も整備された。山麓(さんろく)部はモモやミカンの果樹が栽培される。JR予讃(よさん)線鴨川(かもがわ)駅から山頂まで徒歩で6キロメートル。

[稲田道彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

城山(香川県)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

城山(香川県)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation