@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

城山遺跡【しろやまいせき】

世界大百科事典 第2版

しろやまいせき【城山遺跡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

城山遺跡
きやまいせき

香川県坂出(さかいで)市城山にある旧石器時代の遺跡。1955年(昭和30)から注目され、大量の石器が採集されている。遺跡は標高462メートル、周囲を急峻(きゅうしゅん)な斜面に囲まれた山頂部にあり、地表面は赤褐色のサヌカイト風化土で覆われている。石器は敲打器(こうだき)様石器(城山Ⅰ)、縦長剥片(たてながはくへん)(城山Ⅱ)、国府(こう)型ナイフ形石器(城山Ⅲ)、尖頭(せんとう)石器(城山Ⅳ)などがおもなもので、サヌカイト石片が多量に散乱している。

[鎌木義昌]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

城山遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

城山遺跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation