@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

執念【シュウネン】

デジタル大辞泉

しゅう‐ねん〔シフ‐〕【執念】
ある一つのことを深く思いつめるてそこから動かない心。「執念をもってやり遂げる」「執念を燃やす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐ねい シフ‥【執念】
〘形動〙 執念深いさま。しつこいさま。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉上「些もさっぱりした所がない、いやに執念(シフネイ)な人だよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうね‐・し シフネ‥【執念】
〘形ク〙 執念深い。執着心が強い。しつこい。強情である。
※落窪(10C後)二「戸をあけて侍りし程に、風引きて、腹のこほこほと申ししを、一二度は聞き過して、猶しふねくあけんとし侍りし程に」
※妹と背かゞみ(1886)〈坪内逍遙〉二「一たび気に入らぬ事あるときには、執念(シウネ)く意地悪く待遇(あしら)ふ癖あり」
しゅうね‐が・る
〘自ラ四〙
しゅうね‐げ
〘形動〙
しゅうね‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう‐ねん シフ‥【執念】
〘名〙 ふかく思いこんで動かない心。執着して離れない一念。執着心。〔書言字考節用集(1717)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「ほんにおなごはしうねんの、ふかいといふはうそじゃない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

執念」の用語解説はコトバンクが提供しています。

執念の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation