@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

執筆【シッピツ】

デジタル大辞泉

しっ‐ぴつ【執筆】
[名](スル)
文章を書くこと。「執筆を依頼する」「雑誌に連載小説を執筆している」
書道で、筆の持ち方。
香道で、聞きなどの競技のときに成績などを記録する役の人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐ひつ【執筆】
公文書類の記録役。書き手。書記
叙位・除目(じもく)を執り行い、記録する役。
鎌倉幕府の訴訟機関である引付(ひきつけ)で、判決書などの文書の起草・作成をつかさどった役。執奉行。
連歌俳諧会席で、宗匠の指図に従い、連衆の出す懐紙に記載する役。進行係役目もする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうひつ【執筆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゅひつ【執筆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しっぴつ【執筆】
スル
筆を執ること。文を書くこと。 原稿の-を断る 論文を-する
しゅひつ執筆

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅひつ【執筆】
筆を執る意
叙位・除目を主宰し記録する係。
鎌倉時代、幕府の引付において訴訟関係の文書をつかさどった役職。執筆奉行。
武家時代、合戦のときなど諸事を記録した書記。 手負死人の実検をしけるに、-十二人、夜昼三日が間あいだ筆をも置かずしるせり/太平記 7
連歌・俳諧の席で、参会者の出す句を懐紙に記し、指合いを指摘したりして、宗匠を助けて一座の進行をはかる役。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっ‐ぴつ【執筆】
〘名〙
① (━する) 筆をとって文章などを書くこと。特に作品や記事など、まとまったものを書く場合にいう。しゅひつ。〔漢語便覧(1871)〕
※戯作三昧(1917)〈芥川龍之介〉七「御執筆を願ふ訳には参りますまいか」 〔後漢書‐蔡邕伝〕
② 記録、清書などをする役。また、その者。→しゅひつ(執筆)。〔新令字解(1868)〕
③ 香道で、聞香などの競技で成績を記録する役の人。しゅひつ。
④ 書道で、筆の持ち方。
[補注]「執」は漢音「しゅう」、慣用音「しつ」であり、「執筆」は古く「しゅうひつ」または「しゅひつ」と読まれたと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐ひつ【執筆】
〘名〙
① 記録すること。文書などを書くこと。しっぴつ。
※権記‐長保二年(1000)九月二六日「辨官雖参議、候座執筆例也」
② 叙位・除目を主宰し記録する係。原則として関白を除いた第一の大臣がつとめるものとされるが、除目では天皇臨席の場合のみこれが守られ、大臣の直廬で行なわれるものでは参議である大弁がつとめるのが例であった。
※江家次第(1111頃)四「執筆以私硯墨筆〈故実件筆可白管〉小刀外記入替
③ 鎌倉時代、鎌倉・六波羅・鎮西にそれぞれ置かれた幕府の政務・裁判機関である引付(ひきつけ)において、訴訟関係文書の起草・清書・交付などをつかさどる役職、また、その人。本奉行。執筆奉行。公文。
※高野本平家(13C前)三「平家の思ひわすれかや、執筆(シュヒツ)のあやまりか」
④ 連歌や俳諧の席で、宗匠のさしずに従い、文台に臨み、参会者の出す句を懐紙に記入して披露する役。また、差合・去嫌を指摘し、会席がとどこおりなく運ぶように気を配ることも、その任務とされた。
※勘仲記‐弘安三年(1280)五月二七日「此間近臣雲客等結構連句連歌。俊光執筆」
※滑稽本・古朽木(1780)一「初の程は連歌とも思はれず、飛句ともいふべし。執筆(シュヒツ)も前句を吟ずること能はず」
[語誌]中古においては、「執筆」を「筆を手に執って書き始める」意味で使用した例や、「筆執」と転倒させた例も見られる。現代語の「小説を執筆(しっぴつ)する」のように作品の創造・創作に関しては用いられず、あくまで「筆で文字を書く」意味で、典籍を書写したり、文書を書記したり、和歌や議事を記録したりする場合に使用された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

執筆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

執筆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation