@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

執行【シッコウ】

デジタル大辞泉

しっ‐こう〔‐カウ〕【執行】
[名](スル)
とりおこなうこと。実際に行うこと。「職務を執行する」

㋐法律・命令・裁判・処分などの内容を実際に実現すること。「刑の執行
㋑「強制執行」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【執行】
[名](スル)
仏事・政治・事務などをとり行うこと。しっこう。
寺院で、上首として諸務を執行する僧職

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅぎょう【執行】
〈しぎょう〉ともいう。とくに南都六宗,天台宗,真言宗系の大寺において,寺務を執り行うために置かれた僧職の一つ。その職務の内容や権限は寺によって,また時代によって変化があり,一定しがたい。おおよそ現在の大寺にみられる執事長,宗務長,ときには住持に当たると考えてよい。歴史的には,清水寺,祇園社(八坂神社),叡山の東塔と西塔,醍醐寺,法成寺,東寺,高野山金剛峯寺,平等院,法勝(ほつしよう)寺などに置かれた執行がよく知られ,鹿ヶ谷事件で有名な鬼界ヶ島に流された俊寛僧都は法勝寺の執行であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しぎょう【執行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しぎょう【執行】
しゅぎょう(執行)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しっこう【執行】
スル
実際にとりおこなうこと。 政務を-する
法律・裁判・処分などの内容を具体化すること。
「強制執行きようせいしつこう」に同じ。
しゅぎょう(執行)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうぎょう【執行】
スル
しゅぎょう執行

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅぎょう【執行】
スル
政務・事務を執り行うこと。しっこう。 天下-の宣旨下し奉りに/大鏡 道隆
しぎょうとも 寺社で諸務を行う僧の中の上首。
しゅぎょう(修行)に同じ。 洋学生、三年の-をすれば一通りの歴史究理書を知り/学問ノススメ 諭吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐ぎょう ‥ギャウ【執行】
※運歩色葉(1548)「執行 シギャウ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しっ‐こう ‥カウ【執行】
〘名〙
① とり行なうこと。実際に行なうこと。しゅぎょう。
※太平記(14C後)二七「三条坊門高倉直義朝臣の宿所へ被移住頓て政務執行(シッカウ)の沙汰始あり」
② 法令、裁判、行政処分などの内容を実行、実現すること。
※刑事訴訟法(明治二三年)(1890)三一七条「刑の執行は判決確定の後に非ざれば之を為すことを得ず」
③ 強制執行のこと。
※落語・船徳(1889)〈三代目三遊亭円遊〉「一件(ひとつ)は財産差押へに成って居るだらう。夫れに執行が二件(ふたつ)に成って居る処で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう‐ぎょう シフギャウ【執行】
〘名〙 =しゅぎょう(執行)色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅ‐ぎょう ‥ギャウ【執行】
〘名〙
① (━する) 仏事・政治・事務などをとり行なうこと。実行すること。しっこう。
※百巻本東大寺文書‐四三号・永延四年(990)三月一三日・大宰府牒案「而明延号庄司心執行、曾無弁済、加之横行庄内、苛責庄田刀等
※栄花(1028‐92頃)見はてぬ夢「三月八日の宣旨に、関白病の間殿上及び百官執行、とあるよし宣旨くだりぬれば」
② 寺の事務または法会を管掌する役名。
※発心集(1216頃か)八「かの寺の執行(シュギャウ)これを見て、悲にたへず」
③ 総検校(そうけんぎょう)の下に属する職。
④ (━する) =しゅぎょう(修行)
※浮世草子・好色五人女(1686)五「それゆへの御執行(シュギャウ)一しほ殊勝さ思ひやられける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

執行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

執行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation