@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

基底礫岩【きていれきがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

基底礫岩
きていれきがん
basal conglomerate
不整合面の直上に発達する礫岩。不整合で示される土地隆起浸食ののち,次の海進に伴う新しい堆積輪廻の開始を示す粗粒堆積物。層厚の変化が激しいが,一般に連続性に富む。種,礫径も場所による変化が大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きてい‐れきがん【基底×礫岩】
地層の不整合面のすぐ上に載っている礫岩。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きていれきがん【基底礫岩】
不整合面の直上にある礫岩層。浸食されてのち沈水して海面下になった基盤岩の上に堆積したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

基底礫岩
きていれきがん
basal conglomerate
層群など一連の地層の基底部(最下部)にみられる礫岩で、侵食面、つまり不整合面の直上にあるもの。不整合は、下位の地層が褶曲(しゅうきょく)して陸上で侵食を受け、その後、海進があり、上位の地層が侵食面の上に堆積(たいせき)したものである。このような不整合面の直上に堆積した地層は礫岩であることが多いので、この名がある。ただし、不整合でのる地層の基底にいつも礫岩が存在するわけではない。一連の地層の中で、基底部を除く内部や頂部に位置する礫岩は、それぞれ層間礫岩、頂上礫岩とよばれる。[村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きてい‐れきがん【基底礫岩】
〘名〙 上下二つの地層が不整合に重なり合っているとき、境界面の上部に堆積している礫岩層をいう。一般に下の地層あるいは岩体に由来する礫を含む。地殻変動により古い地層が隆起して浸食を受け、再び沈降したときなどに生ずる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基底礫岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

基底礫岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation