@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

基本量【きほんりょう】

世界大百科事典 第2版

きほんりょう【基本量】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

基本量
きほんりょう
base quantity
長さや時間など、ある体系のなかでのルールにより、互いに独立であるとみなされる物理量をいう。基本量の単位基本単位とよぶ。国際単位系(SI)では、七つの基本量として、長さ(単位はメートル、記号m)、質量(単位はキログラム、記号kg)、時間(単位は秒、記号s)、温度(単位はケルビン、記号K)、電流(単位はアンペア、記号A)、物質量(単位はモル、記号mol)、および光度(単位はカンデラ、記号cd)を採用している。
 基本量は、国際計量計測用語(VIMInternational vocabulary of metrology, ISO/IEC Guide 99 : 2007)では、「ある量体系から条約によって選ばれた一部の量が成す部分集合であり、その部分集合内の量は、その部分集合内のその他の量では表現できないもの」と定義されている。
 この定義でいう部分集合を「基本量の集合」という。また、基本量は他の基本量の累乗(べき乗)の積として表現することができないので、互いに独立であるものとみなす。
 一方、ある量体系のなかで、その体系の基本量によって定義される量を組立量(derived quantity)という。組立量は、基本量間の乗除により構成される。たとえば、基本量の長さおよび質量をもつ量体系では、質量密度は質量と体積(長さの3乗)との商と定義される組立量であり、[質量密度=質量÷(長さ)3]となる。[今井秀孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

基本量
基本単位」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

基本量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

基本量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation