@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

基礎代謝量

栄養・生化学辞典

基礎代謝量
 運動をせずに安静にした状態で消費されるエネルギー代謝基礎代謝といい,その量が基礎代謝量.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きそたいしゃりょう【基礎代謝量】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

知恵蔵mini

基礎代謝量
安静状態でも呼吸心臓の動き、体温維持などの生命活動を維持するために消費される、必要最小限のエネルギー代謝量。基礎代謝量には個人差があるが、年齢・性別ごとの標準的な1日当たりの基礎代謝量は、基礎代謝基準値×体重で算出される。基礎代謝量は通常、成長するに従って高まり、10代をピーク加齢と共に低下するが、基礎代謝におけるエネルギーの多くが筋肉で消費されるため、筋肉量が多い人ほど基礎代謝量は高くなる。そのため、適度な運動により筋肉を維持し続けることで基礎代謝を維持し、エネルギー消費の多い太りにくい体質を作ることができると言われている。
(2014-12-10)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基礎代謝量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

基礎代謝量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation