@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

堂上【ドウジョウ】

デジタル大辞泉

どう‐じょう〔ダウジヤウ〕【堂上】
《古くは「とうしょう」「どうしょう」とも》
建物の床の上。
室町時代以降の公家の家格の一。清涼殿への昇殿を許される家柄。また、公卿になれる家柄。堂上家。⇔地下(じげ)堂下(どうか)
近世、広く朝廷を形づくる人々。公家。堂上方。
清涼殿に昇殿すること。
「内記の持ちたる宣命を取らずして―せられにけり」〈徒然・一〇一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうしょう【堂上】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

どう‐じょう ダウジャウ【堂上】
〘名〙 (古くは「とうしょう」「どうしょう」とも)
① 建物の床の上。また、そこにいる人。殿上。堂下または地下に対する語。
※小右記‐寛仁二年(1018)一〇月一六日「卿相・殿上人等絃哥、人々相応、堂上・地下糸竹同声」 〔孟子‐梁恵王上〕
② 室町時代以降の公家(くげ)の家格の一つ。広義には、清涼殿への昇殿をゆるされる家柄。狭義には、公卿になれる家柄。堂上家。
※宣胤卿記‐永正四年(1507)正月四日「抑資直昇殿事〈略〉然勅答不堂上列、如久我諸大夫、聴昇殿地下分之由被仰云云」
③ 朝廷をかたちづくる人々。公家(くげ)。公家衆。堂上方。堂上衆。堂上人。
※随筆・胆大小心録(1808)九〇「近代の堂上の名家の書を始にみ習ふて」
④ (━する) 清涼殿に昇殿すること。殿上。
※徒然草(1331頃)一〇一「内記の持たる宣命を取らずして堂上せられにけり」
※禅林象器箋(1741)称呼「忠曰、堂頭亦言堂上

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐しょう タウシャウ【堂上】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

堂上
とうしょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堂上」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堂上の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation