@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

堆肥【たいひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

堆肥
たいひ
compost
堆積腐熟あるいは積肥ともいう。わら,落葉野草藻類などを積んで腐らせた自給肥料。材料に窒素をわずかしか含まないので,石灰窒素石灰,硫安などを加えて分解を早めるのが普通で,これを速成堆肥といい,化学肥料を加えないのは自然堆肥という。堆肥の肥料成分のうちリン酸とカリウムは速効性であるが,窒素成分の大部分は有機窒素で,持続的に肥効を現す。肥料としての効果のほか土壌の肥沃度を保ち,土壌の物理化学的,微生物学的な性質を改善する土壌改良剤として有効である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐ひ【堆肥】
わら・落葉などを積み重ね、腐らせて作った肥料。つみごえ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいひ【堆肥 compost】
古くから利用されている自給肥料の一つで,稲わら,麦わら,落葉などの植物残渣(ざんさ)を堆積し,発酵腐熟させてつくる。 植物残渣をそのまま農地にすきこまないでわざわざ腐熟させるのは次の理由による。(1)このような植物残渣は炭素分が多く,窒素分が少ないために,土のなかで分解するとき土中に存在する窒素分を消費して,作物が窒素を吸収利用できず,窒素欠乏障害を生ずる。(2)新鮮な植物残渣は分解しやすい有機物を多く含むので,土のなかで急激な分解を起こし,有害な有機物を一時的に多く生じたり,土の酸素を消費して,作物のを傷める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいひ【堆肥】
落ち葉・わら・塵芥・野草などを積み重ね、腐らせてつくった有機肥料。つみごえ。 → 厩肥きゆうひ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

堆肥
たいひ
かつては藁(わら)、落ち葉、塵芥(じんかい)、野草などを堆積し自然に発酵させて生産したものを堆肥、積み肥(ごえ)といい、家畜の糞尿(ふんにょう)と敷き料(藁、おがくずなど)を堆積腐熟させたものを厩肥(きゅうひ)とよび、両者は明確に区別されていたが、実際には両者は類似しており、またその生産の過程から両者をはっきりと区別することがむずかしい場合が多く、原料の違いによらず有機資材を堆積し、よく腐熟させたものを堆肥とよぶことが多い。本来の堆肥には、普通堆肥(水積堆肥)と、これに腐熟を速めるために硫安や石灰窒素などの窒素源を加えてつくられる速成堆肥がある。堆肥に含まれる肥料成分は一定していないが、窒素0.30~0.65%、リン酸0.04~0.28%、カリ(カリウム)0.38~1.38%、その他ケイ酸、石灰、苦土および多種類の微量要素を含んでいる。播種(はしゅ)や移植前に元肥として施用される。施用量は10アールにつき30キログラム程度が標準である。堆肥の効果は施用年の効果よりも累積効果が大きいので、毎年施用する必要がある。また、堆肥は肥料としてだけではなく、土壌を軟らかくし植物の根の張りをよくしたり、土壌中の微生物の活動を促して植物に好影響を与えるなど、土壌改良剤としての効果がとくに大きい。なお、2011年(平成23)の東日本大震災の際に発生した福島第一原子力発電所の事故により、17都県で堆肥の施用、生産、流通が自粛され、その後、堆肥1キログラム当りの放射性セシウムの暫定許容値(400ベクレル)が新たに設けられた。[小山雄生]
『松崎敏英著『土と堆肥と有機物』(1992・家の光協会) ▽河田弘著『バーク(樹皮)堆肥――製造・利用の理論と実際』(2000・博友社) ▽藤原俊六郎著『堆肥のつくり方・使い方――原理から実際まで』(2003・農山漁村文化協会) ▽日本土壌協会編・刊『堆肥施用の現状と利用促進』(2003)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐ひ【堆肥】
〘名〙 肥料の一種。わら、雑草、落葉、海藻などを積み重ね、水や硫安などの窒素を適度に補給しながら切り返し、腐らせたもの。窒素・燐酸・カリウムの他、珪酸・マグネシウム・石灰その他の微量要素を作物に吸収されやすい形で含むため施肥の効果が大きく、しかも長続きして地力を増大させる。また、腐植質はもともと豊富だが、土壌微生物による有機物の分解がよく行なわれるので一層増加し、土壌を膨軟にし、排水・通気をよくするなど、作物の生育にとって好ましい土壌条件をつくる。つみごえ。
※林泉集(1916)〈中村憲吉〉四日月の光「四日月の光を暗しさ庭べに立てば堆肥(タイヒ)のにほひ寄せくも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堆肥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堆肥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation