@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

堕落【ダラク】

デジタル大辞泉

だ‐らく【堕落】
[名](スル)4が原義》
生活がくずれ、品行がいやしくなること。節操を失うこと。身をもちくずすこと。「酒がもとで堕落する」
物事がその本来あるべき正しい姿や価値を失うこと。「小説も堕落したものだ」「政治の堕落
おちぶれること。零落。
「此の長物に頼って官途に在るは…、日ならずして―せん」〈服部誠一・東京新繁昌記〉
落ちること。墜落。
「仰げば高山突兀(とっこつ)として頭上に―し来らんとし」〈鉄腸雪中梅
仏語。道心を失って悪道に落ちること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だ‐らく【堕落】
〘名〙
① 落ちること。脱落。墜落。
※正法眼蔵(1231‐53)三十七品菩提分法「眉鬚堕落し、面目破顔するなり」 〔詩経伝‐召南・摽有梅〕
② 仏語。道心を失い犯戒の心をおこすこと。仏道を修行する清浄な心を失って、俗世の人のような俗悪な考えに染まること。あるいは悪道に陥ること。
※古事談(1212‐15頃)三「披露儲妻之由。〈略〉仁賀は偽称堕落之由
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)四立「ふとした心の迷ひより、女犯(にょぼん)だらくの此清心」 〔法華経‐譬喩品〕
③ 品行が悪くなって正しい生活ができなくなること。身をもちくずすこと。品性が卑しくなること。また、物事が、正常で健全な状態を失うこと。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉一七「此奴めが我をあさましいものに堕落させたかと」
④ おちぶれること。勢いがなくなること。失敗すること。零落。
※大鏡(12C前)四「この内侍のちにはいといみじう堕落せられにしも、そのけとこそはおぼえ侍しか」 〔荀子‐富国〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堕落」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堕落の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation