@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

堪能【カンノウ】

デジタル大辞泉

かん‐のう【堪能】
[名・形動]
仏語。よくたえ忍ぶ能力。
深くその道に通じていること。また、そのような人や、そのさま。たんのう。
「和歌や能楽に―なところから」〈藤村夜明け前

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐のう【堪能】
[名](スル)《「た(足)んぬ」の音変化。「能」は当て字
十分に満足すること。「おいしい料理を堪能する」
気が済むこと。納得すること。
「せめてのことに様子を語り、―させて給(た)べかし」〈浄・五枚羽子板〉
[形動][文][ナリ]に「堪能」の字が当てられ「かんのう(堪能)」と混同されてできたもの》技芸・学問などにすぐれているさま。「英会話に堪能な社員」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐のう【堪能】
〘名〙
① 仏語。よくものに堪える能力。〔大乗起信論〕
② (形動) (転じて)才能にすぐれ、その道に深く通じていること。また、その人。上手(じょうず)。→堪能(たんのう)
※三代格‐三・承和四年(837)八月五日「但其僧不年臘堪能者
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)上「園辺左衛門は、能狂言に堪能(カンノウ)のよし聞伝へ」 〔宋書‐明帝紀〕
[語誌]→「たんのう(堪能)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐のう【堪能・堪納ナフ・湛能】
〘名〙
[一] (「たんぬ(足━)」の変化した語。「堪能」「堪納」「湛能」はあて字)
① (━する) 満足すること。十分に飽き足りること。
※虎寛本狂言・悪太郎(室町末‐近世初)「しはい亭主かな、人に酒を盛るならば、たんのうする程振舞はせいで」
② (━する) 気分を晴らすこと。気の済むこと。また、なぐさめること。納得させること。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)中「せめてのことに様子をかたり、たんのうさせてたべかし」
[二] (形動) (「たん」は「堪」の慣用音) 才能にすぐれ、その道に深く通じていること。習熟していること。また、その人。古くは「かんのう」。→堪能(かんのう)②。
※興津彌五右衛門の遺書(1913)〈森鴎外〉「旁(かたがた)歌道茶事迄も堪能(タンノウ)に為渡(わたらせ)らるるが」
[語誌](1)平安後期の「観智院本名義抄」に載っている「たんぬ(足━)」は、中世後期になると抄物や「日葡辞書」に「する」を伴った形で使われており、一語化したと見られる。この「たんぬ(する)」は江戸時代に入ると、「たんの(する)」の形に変化し、更に長音化し「たんのう(する)」となった。江戸中期の「志不可起」には「たんなふ」の見出しがあり、「足(た)んぬ」との関わりが述べられている。
(2)「堪能」は、漢語としてはカンノウと読み、その道に深く通じていることを表わす。「堪」にはタンの音はなく、「湛」にタンがあることからの誤用による当て字と思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堪能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堪能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation