@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【イセキ】

デジタル大辞泉

い‐せき〔ゐ‐〕【×堰/井×堰】
水を他へ引いたり流量調節したりするため、川水をせきとめる所。せき。い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【×堰】
《動詞「(せ)く」の連用形から》水を取るため、また、水深・流量の調節のため、川の途中や流出口などに設けて流水をせき止める構造物。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

い〔ゐ〕【×堰】
いせき(堰)」に同じ。〈新撰字鏡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えん【堰】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


せき
barrage
weir

流れを制御するために河川、水路などを横断してつくられる構造物。堰上流の水位を高くして用水を安定して取水できるようにするための取水堰、河川・水路の分流点付近に設置して派川・分水路への分流量を調節するための分流堰(分水堰)、塩水の遡上(そじょう)を阻止するための潮止堰(しおどめせき)、塩害防止と用水供給のための河口堰などがある。堰には水位、流量を人為的に調節できる可動堰と調節できない固定堰がある。可動堰にはゲートが取り付けられ、河川流量に応じてゲートを操作して堰上流の水位と堰からの放流量を調節する。洪水時にはゲートを全開して、洪水を流下させる。堰には必要に応じて魚道や閘門を設置する。

 実験水路や人工水路などの開水路の流れの流量を測定するための堰(流量堰)もある。流量堰には刃形(はがた)堰と広頂(こうちょう)堰がある。

[鮏川 登]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

【堰】
〘名〙 河や池に、石や土を盛って、水の流れをせきとめ、用水をたたえておく所。いせき。いで。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

堰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation