@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塔の首遺跡【とうのくびいせき】

国指定史跡ガイド

とうのくびいせき【塔の首遺跡】

長崎県対馬市上対馬町にある墳墓群。対馬北端、比田勝(ひたかつ)港の北にある上古里川の西に位置する稜線上に所在する。1971年(昭和46)の発掘調査で4基の箱式石棺を発見。朝鮮半島の遺物と弥生時代の遺物がともに出土し、年代の比較や交通の実態を示す遺跡として、1977年(昭和52)に国の史跡に指定された。第1号石棺はすでに大部分が消滅していたが、第2号石棺は稜線と直角に営まれた箱式石棺で、板石を用い内法の長さ1.5m、北の頭部幅0.45m、南の脚部幅0.3m。棺の北側壁の脚もとに沿って土器が副葬され、別に1点の銅釧(どうくしろ)やガラス玉類が発見された。第3号石棺は砂岩の板石材を多用し、敷石も配している。石棺は内法の長さ1.75m、東の頭部幅0.4m、西の脚部幅0.35mで、巨大な扁平板石3枚で天井とし、棺内には両側壁に銅釧7(左腕4、右腕3)のほか、銅鉾が分けて置かれ、別に頭部に土器1、多数のガラス製小玉、管玉(くだたま)を副葬。第4号石棺は、最高所にある箱式石棺で、稜線に直交し、内法の長さ1.95m、幅0.45mで棺内中央には鏡1面、鉄斧(てっぷ)1点、ガラス製小玉、土器などが副葬されていた。比田勝港から徒歩約5分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

塔の首遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塔の首遺跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation