@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塔望遠鏡【とうぼうえんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塔望遠鏡
とうぼうえんきょう
tower telescope
主として太陽光線の分光学的研究に使われる塔形の望遠鏡。その上部シーロスタットにより,塔の内部を通って地下へ導いた太陽光線を分光器によってスペクトルに分解する装置で,結像系の焦点距離は 10~15m,1Åにつき 1mm以上に分散させ,スペクトルの微細な構造を研究することができる。一般相対性理論による太陽スペクトル赤方偏移を測定するために建てられたドイツポツダム天文台の塔望遠は特に有名で,これはアインシュタイン塔と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐ぼうえんきょう〔タフバウヱンキヤウ〕【塔望遠鏡】
望遠鏡を塔内に垂直に固定し、塔上のシーロスタットにより太陽光を鏡筒に導く型の望遠鏡。太陽スペクトルなどの研究に使われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうぼうえんきょう【塔望遠鏡 tower telescope】
望遠鏡の鏡筒部分を塔内に固定し,塔上に置いた鏡を使って光を鏡筒部に送り込む型の望遠鏡。口径の大きい長焦点の望遠鏡の場合には鏡筒部に比して小さな鏡だけを動かせばよい。太陽観測では高分解能でスペクトルを観測するため,口径の大きな長焦点の望遠鏡が必要であったので,1907年ウィルソン山天文台に高さ60フィート(約18m)の太陽塔が建てられたのが始まりで,24年ポツダム天文台に建てられたアインシュタイン塔は建築学的にも有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

塔望遠鏡
とうぼうえんきょう

塔の中に長焦点の望遠鏡を垂直に置き、塔上に設置したシーロスタットによって天体からの光を望遠鏡に導くようにした天体観測設備。

[日江井榮二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐ぼうえんきょう タフバウヱンキャウ【塔望遠鏡】
〘名〙 太陽光線のスペクトル分析をするために造られた塔状の大きな望遠鏡。塔上に設置された鏡(シーロスタット)によって太陽光は塔内を通って地上あるいは地下の分光器に導かれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塔望遠鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塔望遠鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation