@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塔舞【あららぎまい】

精選版 日本国語大辞典

あららぎ‐まい ‥まひ【塔舞】
〘名〙 舞楽「庶人三台(そにんさんだい)」の別名。舞の途中で、塔のように高くなる曲芸風の舞い方による名。相撲節会(すまいのせちえ)などに演じられた。登場の時は、普通の人の高さであるが、一種の竹馬を使い、次第に高くなり、二丈にも及んだ。
※続古事談(1219)五「あららぎまひといふ舞御覧じけり。〈略〉女すがたにて始は人のたけのほどにて、やうやうたかくなりて、二丈に及びけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塔舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塔舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation