@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塘沽停戦協定【タンクーていせんきょうてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塘沽停戦協定
タンクーていせんきょうてい
Tanggu Truce Agreement
1931年に勃発した満州事変の事実上の講和条約となった軍事停戦協定。 33年5月 30,31の両日関東軍代表参謀副長岡村寧次少将らと,華北中国軍代表北平軍事委員会分会総参議熊斌中将らとの間に,白河河口の塘沽でいわゆる熱河作戦 (33.2~5.) の停戦本交渉が行われた。その結果,日本側提案のとおり協定が成立し,31日に発効した。それによって,中国軍は長城以南の一定の地域から撤退し,日本軍も満州国内に復帰して,ここに広大な中立地帯が成立,満州国の中国本部からの分離国民政府によって暗黙に認められた。しかし,この協定は両国の関係を好転させず,かえって 37年の日中戦争勃発への導火線となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんくーていせんきょうてい【塘沽停戦協定】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

塘沽停戦協定
タンクーていせんきょうてい
満州事変後の1933年5月,日本軍と中国軍の間で結ばれた停戦協定
1933年2月以後,日本軍が熱河に侵入し,さらに長城を越えて北京・天津 (てんしん) に迫ったので,国民政府は5月末,日本軍と河北省の塘沽で停戦協定を結んだ。この結果,中国は満州と熱河の放棄を事実上承認し,長城以南に非武装地帯を設け,華北における日本の特殊地位を承認した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

塘沽停戦協定
タンクーていせんきょうてい
1933(昭和8)年5月,熱河作戦後に結ばれた日中停戦協定
満州事変後の1933年2月,日本軍は熱河作戦を開始し,4月河北省に侵入した。蔣介石は中国共産党との戦いに重点を置いていたので,対日和平策をとり,河北省東部の塘沽 (タンクー) で停戦協定を結んだ。これにより,中国側は灤東 (らんとう) 地区を中立化して軍隊を入れないことを約し,華北の準満州国化という関東軍の目的は達せられ,日本の満州における既成事実を中国に黙認させた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塘沽停戦協定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塘沽停戦協定の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation