@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【つか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


つか
「つか」は「築 (つ) く」から出た言葉で,高く築いた場所をさしており,人工的に土を丘状に盛った場所をいう。畏怖され,神聖視されていることが多い。塚は,本来その場所が所であったとか,かつての祭場,祭壇であったと考えられてきているが,同時に平地よりも一段高くなったところを神聖視するという考えも古来からあった。これは,特の山を聖地とする山岳崇拝や,祭礼の際,氏子が神社に持寄った砂などで清浄な盛り土を築く習俗などにもみることができる。塚の由来についてはさまざまな伝説があり,また村境に築かれていることが多い。こうした背景や場所などによって塚には独自の成り立ちや性格があり,名称もそれらと結びついている。たとえば,かつては田の神を迎えて祀る祭場であったきつね塚は,きつねが出没するほど村のはずれであったという。山伏行者,旅の僧が経巻を土中に埋めて築いた経塚,嫁が姑に数反の田を1日のうちに苗を植えるように命じられ,ついに日暮れに植え終って死んだのでその嫁を埋葬したという嫁塚,山伏を埋葬した山伏塚,行者が生埋めにされて死ぬまで勤行したという行人塚,体の一部分を埋葬したという首塚,胴塚,肘塚,耳塚,13人の戦死者を供養したという十三塚,7人の落武者,山伏などが殺され埋められたという七人塚,虫送りで用いたわら人形を村境で焼き捨てたのをまつった虫塚などは,日本各地でみられる。そのほかにも赤子塚,キリスト塚,ねこ塚などいろいろある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう【塚】[漢字項目]
常用漢字] [音]チョウ) [つか
〈チョウ〉土を盛り上げてつくった墓。「塚墓/義塚」
〈つか(づか)〉「蟻塚(ありづか)貝塚一里塚無縁塚
[補説]「冢」は原字。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つか【塚/×冢】
土の小高く盛り上がっている所。また、目印などのために土を高く盛り上げたもの。「一里―」「貝―」
土を小高く盛って築いた墓。また、一般に墓。「無縁―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

づか【塚】
俗に、「宝塚歌劇団」の。「ファン」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つか【塚】
人工的に盛土をした場所を指し,塚の名称も〈つく(築く)〉に由来すると考えられている。墓所,祭場,供養のほか,一里塚のように標識として築かれる塚もある。塚には各種の伝説が伴っており,同一または類似の名称で呼ばれる塚が全国的に分布している例も多い。塚にまつわる伝説では多数の戦死者や遭難者などを埋葬したり供養した所と伝える百人塚,千人塚,落武者や山伏などを埋めた場所とする七人塚,首塚,山伏塚,行者や修験者が庶民救済のため生きながら入定(にゆうじよう)した場所とする入定塚,行人(ぎようにん)塚などをはじめ,墓所と伝える塚が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


つか
土を高く盛り上げたものをいうが、石をもって築いた石塚もある。わが国にはいろいろな目的でつくられた塚があるが、人が足を踏み入れない聖地の標識としたものが多い。古代人が残した貝殻、石器、土器、人骨など考古学上の資料である貝塚のようなものもあるが、多くは歴史時代に入ってつくられたものが多く、それぞれ伝説を伴っている。塚にはいろいろの名称がついており、古墳関係のものでは、その形状から丸塚、双子(ふたご)塚、車塚などがある。信仰関係のものでは経塚、法華(ほっけ)塚、庚申(こうしん)塚、稲荷(いなり)塚、大日(だいにち)塚などがある。経塚は納経塚ともいい、経文を書写して経筒に入れて納めたものである。法華塚以下はそれぞれ神仏の祭地として築いた塚である。ほかに行人(ぎょうにん)塚というのがある。行者が生きながら土中に埋められて往生したという。入定(にゅうじょう)塚というのも同様である。
 民間信仰による塚に狐(きつね)塚というのが各地にある。今日みられる狐塚は多く田んぼの近くにあり、これは田の神の使いとされている狐を祀(まつ)ったものと思われる。狐については吉凶を知らせてくれたなどの伝説があり、狐霊を祀ったという狐塚もある。塚は単独に築かれているのが普通だが、多くの塚を並置したものもある。その代表的なものに十三(じゅうさん)塚、七人(しちにん)塚がある。十三塚についてはまだ確定的なことはわからないが、武将と部下の13人を供養したものという。13の塚が並列してあり、中央の一つの大きい塚が武将のものといわれている。13という数は十三仏などもあり仏教では聖数とされているが、それと関係があるかどうかわからない。ただ興味のあるのは、海外の蒙古(もうこ)(モンゴル)でオボといってやはり13の塚を設けていることである。七人塚についても落武者を葬ったなどの伝説が伝えられている。
 塚には上述のように伝説の付随しているものが多いが、行政・経済など実際上の必要から築いたものがある。その代表的なものに境(さかい)塚、一里(いちり)塚がある。前者は昔の国境(くにざかい)に築かれた。信州(長野県)と飛騨(ひだ)(岐阜県)との山中の境などに林産物採取の争いの起こらないよう境塚を設け、そこに境の神を祀る例もあった。後者は街道交通の便を図ったもので、安土(あづち)・桃山時代から江戸時代に至って完備された。東海道では江戸日本橋を起点として一里ごとに塚を築き、その上に榎(えのき)などを植えて目印とした。[大藤時彦]
『柳田国男・堀一郎著『十三塚考』(1948・三省堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation