@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩化アンモニウム【えんかアンモニウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塩化アンモニウム
えんかアンモニウム
ammonium chloride
化学式 NH4Cl 。無色の結晶または白色粒状の固体。冷たい辛みがある。いくぶん潮解性。比重 1.54 。 337.8℃で昇華し,NH3 と HCl に解離する。水に易溶。水溶液はほぼ中性であるが,煮沸するとアンモニアが抜けて,塩化水素が残るため酸性となる。メチルアルコール,エチルアルコールに可溶,アセトン,エーテル,酢酸エチルに難溶。亜鉛鉄板製造の融剤,乾電池,マンガン乾電池の製造,窒素肥料 (→塩安 ) などのほか去痰剤にも用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんか‐アンモニウム〔エンクワ‐〕【塩化アンモニウム】
アンモニア塩酸で中和して得られる無色結晶苦みを帯びた辛みがあり、水によく溶ける。天然には火山の噴出物中などに存在。肥料乾電池製造・めっきなどに使用。化学式NH4Cl 塩安。磠砂(ろしゃ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかアンモニウム【塩化アンモニウム ammonium chloride】
肥料としての正式名称は塩化アンモニアで,塩安略称。化学式NH4Cl。天然には,火山噴気孔付近に昇華鉱物鹵砂(ろしや)(〈どうしゃ〉とも読む)として産する。無色で,結晶は立方晶系。高温安定のα型,低温安定のβ型とγ型の3種の変態があり,転移点は184℃と-30.3℃である。α型は塩化ナトリウムNaCl型構造,β型とγ型は塩化セシウムCsCl型構造。337.8℃で昇華し,アンモニアと塩化水素に解離するが,温度を下げると再結合し塩化アンモニウムの結晶を生ずるので高純度精製に利用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんかアンモニウム【塩化アンモニウム】
塩酸にアンモニアを加えて濃縮して得る無色の結晶。化学式 NH4Cl 乾電池の減極剤・はんだ付け・亜鉛めっき・染色・寒剤・医薬品のほか、肥料に用いる。塩安。磠砂ろしや

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩化アンモニウム
えんかあんもにうむ
ammonium chloride
代表的なアンモニウム塩の一つ。工業的には塩安とよばれる。
 天然には火山噴出物や温泉の中にみいだされるが、工業的には、アンモニアソーダ法(塩安ソーダ法)で炭酸ナトリウム(ソーダ灰)を製造する際の副産物として生産される。
実験室ではアンモニアと塩酸の中和、硫酸アンモニウムと塩化ナトリウムの複分解などで得られる。無色の結晶性固体で、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)の3種の変態があり、転移温度は184.3℃、および零下30.3℃である。高温では安定なα形は塩化ナトリウム型構造であるが、βおよびγ形は塩化セシウム型構造である。熱すると昇華して気体となり、塩化水素とアンモニアとに分解する。苦味を帯びた辛味があり、幾分吸湿性で、水によく溶ける。水溶液はほとんど中性であるが、加熱するとアンモニアが分離するので酸性となる。窒素肥料として大量に使用されるが、工業的にははんだづけ、めっきの際の表面清浄剤(フラックス)、乾電池の合剤、電解液の調製などに用いられる。分析試薬、医薬(去痰(きょたん)薬、利尿薬)としての用途もある。[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんか‐アンモニウム エンクヮ‥【塩化アンモニウム】
〘名〙 (アンモニウムはammonium) 塩素イオンとアンモニウムイオンとの化合物。化学式 NH4Cl 苦い辛味のある無色の結晶。主用途の乾電池製造、塩安肥料原料のほか、亜鉛めっき、はんだ付け、分析試薬、染色用、去痰剤、利尿剤などに用いる。塩安。塩化アンモン。磠砂(ろしゃ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

塩化アンモニウム
エンカアンモニウム
ammonium chloride

NH4Cl(53.49).塩安,鹵砂(ろしゃ)ともいう.天然には火山の噴煙,鉱石,鉱泉中に存在する.塩酸にアンモニアガスを吸収させた後,濃縮して得られる.結晶は無色の等軸晶系.高温で安定なα形は岩塩型構造.格子定数a = 0.653 nm(250 ℃ 以上).βおよびγ形(低温)は塩化セシウム型構造.格子定数a = 0.3866 nm.転移点は184.3 ℃ および-30.5 ℃.密度1.53 g cm-3(25 ℃).340 ℃ で昇華し,アンモニアと塩化水素に解離する.苦味がある.水100 g に対する溶解度は29.4 g(0 ℃),77.3 g(100 ℃).エタノールに難溶,アセトン,エーテルに不溶.水溶液は微酸性を示す.電池製造原料,亜鉛めっきの融剤,染色用,ろう付け,はんだ付け,皮なめし,火薬原料,医薬品(去たん剤),分析試薬,窒素肥料として用いられる.多量に吸入すると危険である.[CAS 12125-02-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化アンモニウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩化アンモニウムの関連情報

関連キーワード

アンモニウム塩蛋白指数乾電池ルクランシェ電池クロロアザンイミノエーテル乾電池アンモニア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation