@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩化カリウム【えんかカリウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塩化カリウム
えんかカリウム
potassium chloride
化学式 KCl 。天然にはカリ岩塩として,シュタスフルトなどの岩塩鉱床から採取されている。無色結晶。味は塩辛い。比重 1.99,融点 776℃。塩化カリウム 1gは水 2.8ml,熱水 1.8ml,アルコール 250mlに溶解する。エーテルアセトンに不溶。水への溶解度は塩酸塩化ナトリウムあるいはマグネシウムにより下げることができる。 15℃における飽和水溶液の比重 1.17,pH約7。写真工業で多く使われ,また緩衝溶液肥料,工業原料化学薬品として用途は広い。経口的に大量にとると胃腸を刺激し,下痢を起す。適量用いれば利尿作用を示す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんか‐カリウム〔エンクワ‐〕【塩化カリウム】
カリウム塩素の化合物。無色の等軸晶系結晶。工業的にはカーナライトなどから分別結晶で得られ、天然にはカリ岩塩シルビン)として産し、海水中に少量存在する。化学的性質は塩化ナトリウムに似る。カリ肥料・カリウム塩の原料に使用。塩化カリ塩加化学式KCl

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

塩化カリウム
 KCl (mw74.55).食塩の摂取量を抑えるために,食塩の一部代替物として使われることがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかカリウム【塩化カリウム potassium chloride】
化学式KCl。塩化カリ,塩加ともいう。天然にはシルビン(カリ岩塩)として産出,海水中に平均0.08%含まれる。無色で結晶は立方晶系。塩化ナトリウムNaCl型構造。苦い辛味を有する。高純度のものは潮解性を示さない。融点776℃,沸点1500℃。比重1.988。屈折率1.4904。水100gに対する溶解度は27.6g(0℃),56.7g(100℃)。エチルアルコールに難溶。メチルアルコールに微溶,アセトン,エーテルに不溶,グリセリンには溶け,水溶液は-10.5℃で含氷晶をつくる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんかカリウム【塩化カリウム】
岩塩(シルビン)として天然に産出する塩化ナトリウム(食塩)によく似た無色の結晶。苦い辛味がある。化学式 KCl カリ肥料や他のカリウム塩の原料にする。塩化加里。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩化カリウム
えんかかりうむ
potassium chloride
カリウムと塩素の化合物。工業的には塩化カリともよばれる。天然には各種の鉱物、たとえば、シルビンKCl、シルビナイトKCl・NaCl、カーナリットKCl・MgCl2・6H2O、ハルトザルツKCl・NaCl・MgSO4・H2Oとして塩化ナトリウムや硫酸カルシウムの層間に産出する。海水中にも平均0.08%含まれている。水溶性鉱物から塩化カリウムを取り出すには連続溶解法か浮遊選鉱法が用いられる。
 一例としてシルビナイトから粗塩化カリウム(含有率60~70%)を製造する工程をに示す。再結晶法によって精製すれば高純度のものが得られる。無色の結晶性物質であるが、天然産には、不純物のために青色や黄赤色を呈するものがある。純粋なものは潮解性はないが、アルカリ土類塩などを含む粗製塩は吸湿性である。苦い辛味があり、水にはかなりよく溶けるが、アルコールやアセトンには溶けない。粗製品はそのまま肥料として用いられる。精製品は各種のカリウム塩の製造原料として重要であり、実験室では緩衝液や電極液の調製に用いられる。単結晶には、赤外線吸収スペクトル測定用のプリズムやセルの窓としての特殊な用途がある。そのほか熱処理剤、写真試薬、医薬にも使われる。[鳥居泰男]

医薬用

カリウム欠乏症の治療に医薬用の塩化カリウムが使われる。カリウムは生体内でもっとも大量に存在するイオンで、大部分が細胞内に含まれており、これが不足すると細胞の機能障害をおこす。このカリウムイオンの補給に塩化カリウムが内服または注射によって投与される。内服では胃障害を避けるために腸溶皮膜を施した徐放性製剤が用いられる。「スローケー」などがそれである。注射では電解質補正用や心臓手術の際の心停止液として輸液に混ぜて使われる。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんか‐カリウム エンクヮ‥【塩化カリウム】
〘名〙 (カリウムはKalium) 塩素とカリウムとの化合物。化学式 KCl にがい辛味のある無色の結晶。天然にはシルビンとして産出する。カリウム塩の製造原料やカリ肥料のほかに、消炎火薬の消炎剤、写真試薬、医薬品などにも用いられる。塩化カリ。
※恋愛曲線(1926)〈小酒井不木〉「〇・二プロセントの塩化カリウム」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

塩化カリウム
エンカカリウム
potassium chloride

KCl(74.55).天然にはシルビン,シルビナイト,カーナル石などとして岩塩とともに産出する.これらのカリ鉱石を熱水に溶解し,その飽和水溶液を冷却し,析出させて得られる.海水中には平均0.08% 含まれる.塩化ナトリウムと同様の方法で精製する.結晶は無色の等軸晶系,正六面体結晶.岩塩型構造.格子定数a = 0.6278 nm.K-Cl0.314 nm.苦辛味がある.融点770 ℃,沸点1505 ℃.密度1.98 g cm-3.水100 g に対する溶解度は27.6 g(0 ℃),56.7 g(100 ℃).エタノールに難溶,アセトンに不溶.カリ肥料,カリウム塩の原料として重要である.消炎火薬の消炎剤,写真用試薬,緩衝液,電極液,医薬品にも用いられる.単結晶は赤外吸収測定用のプリズムやセルの窓に用いられる.[CAS 7447-40-7]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化カリウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩化カリウムの関連情報

関連キーワード

カリ資源塩素酸カリウム塩化ニトロシル甘汞電極固溶体F中心イオン結合

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation