@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩化ヒ素【エンカヒソ】

化学辞典 第2版

塩化ヒ素
エンカヒソ
arsenic chloride

ヒ素の塩化物には,比較的安定な塩化ヒ素(Ⅲ)のほかに,塩化ヒ素(Ⅴ)も知られているが,同族元素の酸化数5の塩化物,PCl5やSbCl5が比較的安定なのに比べてきわめて不安定である.【】塩化ヒ素(Ⅲ)(arsenic(Ⅲ) chloride):AsCl3(181.28).三塩化ヒ素(arsenic trichloride)ともいう.三酸化二ヒ素As2O3に濃塩酸を作用させるか,ヒ素と塩素の直接反応により得られる.室温では無色の油状液体で,ヒ素バターともよばれる.結晶中にAsCl3分子が存在する.分子はAsを頂点とする三角すい型構造で,As-Cl2.165 Å.∠Cl-As-Cl98.6°.融点-16 ℃,沸点130 ℃.密度2.16 g cm-3.空気中で発煙する.多量の水で加水分解して,亜ヒ酸と塩酸になる.陶磁器工業,有機合成などに使用されるほか,精製したきわめて高純度なものが半導体製造原料として用いられる.刺激臭があり,皮膚,粘膜をおかす.有毒.[CAS 7784-34-1]【】塩化ヒ素(Ⅴ)(arsenic(Ⅴ) chloride):AsCl5(252.18).五塩化ヒ素(arsenic pentachloride)ともいう.AsCl3を-150 ℃ の液体塩素中で紫外線照射すると得られる.きわめて不安定な結晶である.-50 ℃ 以上で分解して,AsCl3と Cl2 になる.[CAS 22441-45-8]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化ヒ素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩化ヒ素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation