@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩化物泉【エンカブツセン】

デジタル大辞泉

えんかぶつ‐せん〔エンクワブツ‐〕【塩化物泉】
泉質の一。ナトリウムイオンと塩化物イオンを主成分とする温泉神経痛冷え性などに効く。食塩塩化ナトリウム)を含むことから食塩泉ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩化物泉
えんかぶつせん

温鉱泉1キログラム中の溶存固形成分が1グラム以上で、陰イオンとして塩化物イオンを主成分とする温泉。食塩泉とよばれていたが、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定により塩化物泉となった。陽イオンの主成分によって分類するとナトリウムが多いとナトリウム塩化物泉ともいいNa-Cl泉と表記する。日本の温泉の29%程度を占める。ほかの含有成分の量に応じて塩化物泉はマグネシウム(カルシウム)塩化物泉などに分類される。食塩含有量が温鉱泉1キログラム中15グラム以上を強食塩泉、5グラム以下を弱食塩泉という。ドイツなど岩塩地帯から湧出(ゆうしゅつ)するものは食塩含有量20%を超えるものもある。日本では兵庫県の有馬(ありま)温泉の4.7%が最高である。塩化物泉は海岸、油田地帯に多く、海底堆積(たいせき)層から湧出するものは化石海水を含む。リウマチ、神経痛などに有効とされているが、皮膚疾患は禁忌である。青森県の浅虫温泉、静岡県の熱海(あたみ)温泉、和歌山県の白浜温泉、長崎県の小浜(おばま)温泉などが有名である。

[綿抜邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化物泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩化物泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation