@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩化金【えんかきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塩化金
えんかきん
gold chloride
(1) 塩化 (I) ,一塩化金  AuCl 。三塩化金の熱分解によって製する。黄色の粉末比重 7.4。 289℃で分解する。水に不溶,塩酸または塩化アルカリ溶液に溶け金 (III) 錯体に変わる。 (2) 塩化金 (III) ,三塩化金  AuCl3 。実験室的には金と塩化ヨウ素の反応で得られる。暗橙赤色結晶で,潮解性が強い。比重 3.9,180℃ (1気圧) で昇華する。融点 288℃ (2気圧,塩素中) 。 254℃で分解。水,アルコールエーテル可溶メッキ,写真,金粉の製造などに使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんか‐きん〔エンクワ‐〕【塩化金】
塩化金(Ⅰ)。黄白色の結晶。化学式AuCl 塩化第一金。
塩化金(Ⅱ)。赤色の針状結晶。化学式AuCl3 塩化第二金。
塩化金酸」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかきん【塩化金 gold chloride】
塩化金(I),塩化金(III)など,いくつかの種類がある。
[塩化金(I)]
 化学式AuCl。黄色粉末,比重7.4(25℃)。塩化金(III)Au2Cl6を160℃に加熱すると得られる。結晶構造は斜方晶系。直線状-Cl-Au-Cl-結合をなす。
[塩化金(III)]
 化学式Au2Cl6。金に塩素ガスを反応させるか,塩化金酸(I)を120℃に加熱して得る。赤色結晶であるが,結晶中でも気相においてもほとんど平面構造の二量体として存在している(図参照)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんかきん【塩化金】
金と塩素の化合物。AuCl(黄白色結晶)と AuCl3(赤褐色針状結晶)がある。
テトラクロロ金酸の俗称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩化金
えんかきん
gold chloride
1価および3価の化合物が知られている。二塩化金AuCl2は2価の金を含むものではなく、1価と3価が共存する化合物AuIAuIIICl4であることが知られている。そのほかクロロ金()酸、通称塩化金酸HAuCl4を塩化金ということもある。
(1)塩化金()(塩化第一金) 塩化金()を乾燥塩化水素気流中で分解させて得られる非潮解性の淡黄色結晶。熱すると約170℃で金と塩素に分解する。水、エタノール(エチルアルコール)には溶けずに分解する。塩酸に溶ける。また塩化アルカリの水溶液にはジクロロ金()酸塩となって溶けるが、しだいに分解する。
(2)塩化金()(塩化第二金) 微粉状の金を加熱し、塩素を通じて得られる暗赤色針状晶。二水和物AuCl32H2O=339.3もあり、これは潮解性のある橙(だいだい)色結晶である。無水和物は塩素気流中で熱すると200℃で昇華する。水によく溶け(100グラムの水に68グラム)、エタノールにもよく溶ける。水溶液は赤褐色で、酸性を示す。めっき、写真、金粉の製造などに用いられる。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんか‐きん エンクヮ‥【塩化金】
〘名〙
① 塩素と金の化合物。塩化第一金(AuCl)、塩化第二金(AuCl3)がある。
② 塩化金酸の俗称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

塩化金
エンカキン
gold chloride

】塩化金(Ⅰ):AuCl(232.42).塩化金(Ⅲ)を160 ℃ で加熱すると得られる.淡黄色の粉末.密度7.4 g cm-3.170 ℃ に加熱すると金と塩素に分解する.水に難溶で水により分解して塩化金(Ⅲ)と金になる.塩酸や塩化アルカリ水溶液には [AuCl2] の形で溶けるが,不安定で不均化して,Auと [AuCl4] になる.[CAS 10294-29-8]【】塩化金(Ⅲ):AuCl3(303.33).金粉または金ぱくに200 ℃ 以上で塩素ガスを直接反応させると,褐色の結晶として昇華析出する.H[AuCl4]・4H2Oを120 ℃ に加熱しても得られる.密度3.9 g cm-3.潮解性.水,エタノール,エーテル,希塩酸などに易溶,二硫化炭素に不溶.水溶液中では,

AuCl3 + H2O → H2[AuCl3(O)]

の形で存在し,酸性を呈する.水溶液から結晶させると橙色のAuCl3・2H2Oが得られる.気体では二量体Au2Cl6で存在する.[CAS 13453-07-1]【】一般に,塩化金として市販されているのはテトラクロロ金(Ⅲ)酸四水和物H[AuCl4]・4H2Oである.写真,めっき,インキ,医療品(パッチテスト試薬),陶磁器の装飾,触媒の原料などに用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩化金の関連情報

関連キーワード

塩化金(データノート1)テトラクロロ金(Ⅲ)酸(塩)金化合物

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation