@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩化銀【えんかぎん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塩化銀
えんかぎん
silver chloride
普通は AgCl をさす。無色粉末で光に当てると黒変する。比重 5.56,融点 455℃,沸点 1550℃。水に難溶で,溶解度は 10℃で 0.8mg/l ,100℃で 21.7mg/l 。しかし,濃塩酸,アンモニア水にはそれぞれ錯イオン [AgCl2]- ,[Ag(NH3)2]+ をつくって溶ける。またシアン化アルカリ,チオ硫酸塩炭酸アンモニウム溶液にも類似の反応で溶ける。写真乳剤メッキ,防腐剤に使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えんか‐ぎん〔エンクワ‐〕【塩化銀】
硝酸銀水溶液塩酸を加えると沈殿する、白色の微細な結晶天然には角銀鉱として産出。光を当てると分解して黒化する。写真感光材料として使用。化学式AgCl

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんかぎん【塩化銀 silver chloride】
化学式AgCl。天然には角銀鉱として存在する。可溶性銀塩水溶液に塩化物を加えると沈殿する白色固体。融点455℃,沸点1550℃。結晶構造は岩塩型で,塩化ナトリウムと同じである。融解すると橙色になる。水に対する溶解度1.55mg/lH2O(20℃)。塩酸溶液では[AgCl2]を生成して溶解度が増大する。またアンモニア水,チオ硫酸ナトリウム,シアン化カリウムの溶液にも,それぞれ錯イオンをつくって溶ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんかぎん【塩化銀】
硝酸銀水溶液に塩化物イオン Cl- を含む溶液を加えると、白色の沈殿物として得られる結晶。化学式 AgCl 天然には角銀鉱として産出する。感光性が強く、写真感光材料に用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩化銀
えんかぎん
silver chloride
銀と塩素化合物。天然に角銀鉱(かくぎんこう)として産する。硝酸銀水溶液に塩酸を加えて得られる無色の結晶。融解すると液体は黄色になる。水にほとんど不溶(0℃で水1リットルに0.70mg溶解)、エタノール(エチルアルコール)、希酸にも不溶である。アンモニア水、シアン化カリウム水溶液、チオ硫酸ナトリウム水溶液などには錯イオンをつくって溶ける。そのほか炭酸アンモニウム、塩化アンモニウム、硝酸銀などの濃水溶液にもかなり溶けるが、熱濃硝酸にはよく溶ける。感光性があり、光で分解してしだいに黒化する。このため写真用に広く用いられる。結晶は光伝導性がある。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんか‐ぎん エンクヮ‥【塩化銀】
〘名〙 塩素と銀の化合物。化学式 AgCl 白色の微細な結晶。天然には角銀鉱として産出。感光して銀を遊離し黒化する性質があり、写真感光材料に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

塩化銀
エンカギン
silver chloride

AgCl(143.32).天然には角銀鉱として産出する.硝酸銀の水溶液に塩化物イオンを含む水溶液を加えると,白色の沈殿として得られる.塩化ナトリウム型構造.融点455 ℃,沸点1550 ℃.密度5.56 g cm-3.溶融すると黄色の液体となり,冷却すると透明な固体となる.光伝導性がある.水にほとんど不溶.25 ℃ の飽和水溶液1.93 mg L-1.エタノール,希酸に不溶.濃塩酸,飽和塩化物水溶液には [AgCl2] としてわずかに溶ける.アンモニア水,チオ硫酸ナトリウムおよびシアン化物水溶液に,それぞれ錯イオン [Ag(NH3)2],[Ag(S2O3)2]3-,[Ag(CN)2] になって溶ける.感光性を有するので写真,測光に利用される.そのほか,銀めっき,銀-塩化銀電極,スクリーン印刷,インキ,銀電池,医療にも用いられる.[CAS 7783-90-6]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩化銀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩化銀の関連情報

関連キーワード

共通イオン滴定濃淡電池濃淡電池写真乳剤重量分析ハロゲン化銀複分解

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation