@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩安ソーダ法【えんあんそーだほう】

世界大百科事典 第2版

えんあんそーだほう【塩安ソーダ法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩安ソーダ法
えんあんそーだほう
modified solvay process
ソーダ灰(無水炭酸ナトリウム)の製造法であるアンモニアソーダ法の改変法の総称。ソーダ灰と肥料用の塩安塩化アンモニウム)を併産し食塩の利用率をあげている。アンモニアソーダ法では重曹(炭酸水素ナトリウム)を分離したのち、母液からアンモニアを回収循環しているが、塩安ソーダ法では母液にアンモニアを吸収させて溶存している重曹の析出を抑え、ついで食塩を添加溶解させたのち冷却して塩安の溶解度を下げ、塩安を析出させる(冷却法、塩安ソーダ法の代表的な方法)。塩安ソーダ法は、アンモニア合成工業からアンモニアと副生炭酸ガスの供給を受けることによって、アンモニアソーダ法の合理化を図ったもので、日本で開発され1950年(昭和25)ごろから実施されている。[塩川二朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

塩安ソーダ法
エンアンソーダホウ
ammonium chloride process

ナトリウムあるいは塩素の利用効率向上をはかったアンモニアソーダ法の改良法.粗炭酸水素ナトリウムを分離した母液1 L 中には,NH4Cl190 g,NH4HCO383 g,NaCl 77 g,NaHCO37 g 程度が含まれるため,塩化アンモニウム(塩安)と食塩とを回収してナトリウムと塩素の利用率を向上させる.NaHCO3液から塩安を製造する方法は種々あるが,結局はNaCl濃度を高め,最後に冷却して塩安を析出させている.冷却工程の前の操作により,冷却法,蒸発法,および中間塩法などがある.現在,わが国では,主として冷却法が行われている.冷却法では,まずNaHCO3液にNH3を吸収させ,HCO3イオンの溶解性を増大し,別に原塩を粉末精製塩としてから上の液に投入し,NaClの溶解と同時に15 ℃ 以下に冷却し,塩安を析出させる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩安ソーダ法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩安ソーダ法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation