@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩屋【シオヤ】

デジタル大辞泉

しお‐や〔しほ‐〕【塩屋】
塩を売る家。また、その人。
海水を煮て塩を作る小屋。
「これなる海人(あま)の―に立ち寄りて」〈謡・松風
自慢する人。高慢な人。
「何かあいつはきつい―だ」〈・売花新駅〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しおや【塩屋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しおや【塩屋】
塩を売る家。また、塩を売る人。
塩竈しおがまを置いた小屋。製塩をする小屋。 さる-の傍に過ぐしつらむことを/源氏 松風
うぬぼれている人。高慢な人。 けんがきつい-さ/滑稽本・浮世風呂 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しお‐や しほ‥【塩屋】
[1] 〘名〙
① 海水を煮て塩を作る家。塩釜のある粗末な小屋。
※源氏(1001‐14頃)松風「あはれにさるしほやのかたはらにすぐしつらむことをおぼし宣ふ」
② 食塩を売る店。また、その人。塩売り。
※言経卿記‐天正一六年(1588)六月二二日「塩屋後室・糸屋女房衆等湌呼之」
③ 自慢すること。高慢なこと。また、その人。安永年間(一七七二‐八一)、江戸深川に大ぼら吹きの塩売りがいたところからという。一説に、京都の塩売りの行動からとも。
※洒落本・寸南破良意(1775)髪結「此べらぼうは、おゑねへ塩(シホ)屋だ」
[2] 神戸市垂水区東端の地名。高倉山、鉄拐(てっかい)山が海にせまる西側の麓にある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation