@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩焼き【しおやき】

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

しおやき【塩焼き】
魚などにを振って焼くこと。また、その料理

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩焼き
しおやき

魚貝類に塩をふりかけて焼く調理法。焼き物の基本は塩焼きにあり、塩の用い方をふり塩という。魚の表面に塩を加えると、浸透して肉がしまり形がくずれないでよく焼ける。魚貝類などに塩を加えると、含まれているタンパク質は溶けるが、熱を加えると、ふたたび固まり内部のうま味が逃げない。塩のふり方は、白身魚や小魚は焼く直前に塩をふるほうがよく、青背の魚や脂肪の多い魚は焼く30分から1時間前に塩をする。なお、30センチメートル以上の魚を姿のまま焼くときは、背肉の厚い部分には塩を多くふる。魚貝類などを焼くには金串(かなぐし)を打つ。おどり串(うねり串)は魚を盛り付けたとき下になる側の目の下から串を入れ、尾に向って真中が高くなるように縫って打ち、尾をぴんと跳ね上げる。平串(ひらぐし)はうねらせなくてもいい魚や、大量に焼くときに用いる。すくい串はイカなどに用い、表面に串が目立たないようにする。

[多田鉄之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩焼き」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩焼きの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation