@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩見政誠【しおみせいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塩見政誠
しおみせいせい
[生]?
[没]享保4(1719).9.
江戸時代中期の京都の蒔絵師。蒔絵名家,春政の子。通称,小兵衛。研出 (とぎだし) 蒔絵にすぐれ,黒蒔絵や木地蒔絵も得意とし,のちにその作品は「塩見蒔絵」と称された。作品は箱物や印籠が多い。『比良山蒔絵箱』 (東京国立博物館) が代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しおみ‐まさなり〔しほみ‐〕【塩見政誠】
[1646~1719]江戸中期の蒔絵(まきえ)師。京都の人。落ち着いた気品のある研ぎ出し蒔絵は、「塩見蒔絵」と称されて高い評価を得た。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

塩見政誠 しおみ-まさなり
1646-1719 江戸時代前期-中期の蒔絵(まきえ)師。
正保(しょうほ)3年生まれ。塩見春政の子という。京都の人。研出(とぎだし)蒔絵にすぐれた技をみせた。代表作は「比良山蒔絵硯箱」(東京国立博物館)。享保(きょうほう)4年9月死去。74歳。通称は小兵衛。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しおみまさなり【塩見政誠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩見政誠
しおみまさなり
(1646―1719)

江戸中期の蒔絵師(まきえし)。京都の人。通称小兵衛。研出(とぎだし)蒔絵の名手とたたえられ、当時の装飾過剰な傾向と異なる落ち着いて気品のある作風の蒔絵は、「塩見蒔絵」とよばれて後世高い評価を得た。代表作『比良山蒔絵硯箱(ひらさんまきえすずりばこ)』(東京国立博物館)のほか、蒔絵印籠(いんろう)にも特色をよく表した優品がある。

[郷家忠臣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しおみ‐まさなり【塩見政誠】
江戸中期の京都の蒔絵師。通称小兵衛。京都の人。研出蒔絵(とぎだしまきえ)を得意とし、精妙で気品のある作風で一家をなす。後世、その作品は塩見蒔絵の名のもとにもてはやされた。代表作「比良山蒔絵硯箱」。正保三~享保四年(一六四六‐一七一九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩見政誠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩見政誠の関連情報

関連キーワード

ウィーン磁器漂流町奉行チェコの要覧日本の国家公務員制度と天下りリヒテンシュタイン家アジソン組踊佐藤直方

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation