@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塩酸【えんさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塩酸
えんさん
hydrochloric acid
塩化水素水溶液濃塩酸は空気中で発煙する。純粋なものは無色微量の鉄,塩素,有機物を含むときは黄色みを帯びる。市販の濃塩は 37.2重量%の塩化水素を含み,比重は 1.19。 20.22重量%の塩酸の1気圧下における沸点は 108.6℃である。塩酸のおおよその重量パーセントは,その温度における比重から1を引いて得られる数を 200倍したものに等しい。デンプンの糖化や蛋白質加水分解によるグルタミン酸その他のアミノ酸の製造,塩化物,医薬品,色素類の製造などに多量に使われる。人の胃液中に胃酸として含まれる。希塩酸胃酸欠乏症塩酸リモナーデとして服用されるが,濃塩酸は皮膚に触れると消えない跡を残す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん‐さん【塩酸】
塩化水素水溶液。強い刺激臭があり、純粋のものは無色。ふつう濃度35パーセント以上を濃塩酸といい、湿った空気中で発煙する。金・銀・白金族以外の金属と反応して水素を発生する。工業的にきわめて用途が広い。酸の主成分化学式HCl

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

塩酸
 塩化水素(HCl)の水溶液.発煙性で,刺激臭がある.多くの金属を溶かして水素を発生する.胃腺から胃に分泌される酸は塩酸.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんさん【塩酸 hydrochloric acid】
塩化水素HClの水溶液で,塩化水素酸ともいう。脊椎動物の胃から分泌される胃液の主成分で,胃酸と呼ばれ,消化酵素ペプシンの活性化を果たしている。
性質
 市販の濃塩酸は37.2%の塩化水素を含み(約12規定,比重1.190),湿った空気中で発煙する。非常に刺激性の強い無色の液体であるが,工業用塩酸は塩素や塩化鉄(III)を含むため黄色を呈する。20.222%の塩酸は沸点108.584℃の共沸混合物である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんさん【塩酸】
塩化水素の水溶液。化学式 HCl 強い一価の酸で、多くの金属を溶かして塩化物を生成し、金属の酸化物・水酸化物・炭酸塩などをも容易に溶かす。化学工業で広く用いられる。また、高等動物の胃で胃酸として分泌され、食物の消化を助ける。塩化水素酸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

塩酸
えんさん
hydrochloric acid
塩化水素HClの水溶液で、塩化水素酸、鹹水(かんすい)酸ともいう。脊椎(せきつい)動物の胃から分泌される胃酸の主要成分となっている。塩化水素を水に吸収させて製造する。工業的には、食塩水の電解に際して生成する塩素と水素とを直接反応させ、生じた塩化水素を水に吸収させてつくるのが普通で、これを合成塩酸という(合成塩酸の製造装置についてはを参照)。試薬として用いられるものは、ほとんどが合成塩酸である。また現在では、有機合成化学工業で各種有機化合物の塩素化に際して塩化水素を副生するので、これを吸収させてつくる。これを副生塩酸といい、不純物のため着色していることが多い。
 普通、濃度35%以上のものを濃塩酸という。JIS(ジス)(日本工業規格)では、37%以上を1号、36~37%を2号、35~36%を3号とよんでいる。容器は27~30キログラム入り籐(とう)巻き瓶または土瓶で、タンク車なども用いられる。無色、刺激臭のある溶液で、濃塩酸は湿った空気中で発煙する。市販の濃塩酸は、塩化水素を約37%含む。沸点は濃度によって異なり、1気圧では20.2%のとき最高沸点108.58℃を示す。20.2%の塩酸は、混合物でありながら純物質のように一定の沸点をもつ共沸混合物で、108.58℃は共沸点である。塩酸の比重は、濃度が増すとともに大きくなり、濃度c(%)と比重dとの間には、およそc=200(d-1)の関係がある。通常の濃塩酸を等量の水で希釈した塩酸(約6mol/L)およびそれに近い濃度のものを単に塩酸といい、これをさらに希釈したものを希塩酸ということが多い。1モル溶液は79.0%(18℃)、0.1モル溶液は92.6%(18℃)電離する強酸である。工業用の塩酸は、微量の鉄塩を溶かしているなどのため、黄色に着色していることが多い。化学的には、非金属元素とはあまり反応しないが、金、銀、白金族以外の金属と反応して水素を発生する。銅、鉄、ニッケル、コバルトなどは、加熱すれば反応する。金属酸化物と反応して塩化物をつくる。二クロム酸塩や過マンガン酸塩などの酸化剤により酸化されて、塩素を発生する。濃塩酸に硫酸を滴加すると塩化水素を発生するが、この反応は、実験室で純粋な塩化水素をつくるのに適している。実験室において試薬として使われるほか、工業的には製鉄工業用、各種塩化物や色素の製造に用いられる。また、医薬品や調味料(アミノ酸しょうゆ、グルタミン酸ナトリウム)の製造(日本ではこの消費量がもっとも多い)、デンプンの糖化など、きわめて広い用途をもつ。濃塩酸は劇薬であるから、取扱いに注意を要する。[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐さん【塩酸】
〘名〙 塩化水素の水溶液。一価の強酸。発煙性で刺激臭のある無色の液体。金、銀、バナジン族、白金族以外のほとんどの金属元素を溶解して水素を発生する。また金属酸化物に作用して塩化物を作る。塩化物、染料、医薬品、アミノ酸調味料の製造原料などに広く用いられる。
※舎密開宗(1837‐47)内「輓近の諸家云塩酸は水素に蘇魯林〈略〉の和して成る者にして絶て酸素を含こと莫し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

塩酸
エンサン
hydrochloric acid

HCl(36.46).塩化水素酸ともいう.塩化水素の水溶液.工業的には,水素と塩素の混合ガスを反応させてつくる.実験室では,食塩に熱濃硫酸を作用させて生成した塩化水素を水に吸収させてつくる.市販の濃塩酸は37.2% の塩化水素を含む.密度1.19 g cm-3.濃塩酸は湿った空気中で発煙し,非常に刺激性の強い無色の液体である.20.24% 塩酸は共沸混合物で沸点は110 ℃.強酸で0.1 mol L-1 溶液の電離度は92.6% である.多くの金属を常温で溶かし,水素を発生する.ニオブ,タンタル,バナジウム,金,銀,白金族金属はほとんど反応しない.二クロム酸塩,過マンガン酸塩,ペルオキソ二硫酸などによって酸化され,塩素を発生する.脊椎動物の胃から分泌され,胃酸とよばれる.試薬,無機薬品,色素類の製造,医薬品,農薬の製造など多方面に用いられる.眼や皮膚に触れると炎症をおこす.濃塩酸は劇薬.[CAS 7647-01-0][別用語参照]合成塩酸製造法

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塩酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation