@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塵取【ちりとり】

精選版 日本国語大辞典

ちり‐とり【塵取】
〘名〙
① はき集めた塵やごみなどをとる道具。ごみとり。
※大乗院寺社雑事記‐文正元年(1466)一二月二九日「大工左近五郎ちり取一進之」
② 月代(さかやき)など剃り落とした髪の毛を受ける道具。①の形や扇の地紙形に造った板。毛受。
※浮世草子・好色万金丹(1694)三「側にありし茶瓶の煎じ茶にて髪揉んで西向に直り、塵取(チリトリ)受けて、さあ只今只今とせがめば」
③ 腰輿(たごし)の簡素なもの。四隅に柱を立てず高欄(こうらん)だけをめぐらしたもの。その形が掃除用の①に似ているところからいう。貴人は用いなかった。ちりとりごし。
※太平記(14C後)二九「河津左衛門は〈略〉馬には乗得ずして、塵取(チリトリ)にかかれて、遙(はるか)の迹(あと)に来ける」
④ =ちりふせぎ(塵防)〔甲陽軍鑑(17C初)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塵取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塵取の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation