@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塵土【ジンド】

デジタル大辞泉

じん‐ど〔ヂン‐〕【×塵土】
ちりと土。取るに足りないもの、値うちのないもののたとえにもいう。
「―聚れば、これも堆くなるで御座ろう」〈菊池寛・蘭学事始〉
けがれた現世。俗世間。
「かかる道の果て、―の境まで神霊あらたにましますこそ」〈奥の細道

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じん‐ど ヂン‥【塵土】
〘名〙 (「じんと」とも)
① ちりと土。ちりや土ぼこり。
※今昔(1120頃か)一「身を養ふと云とも、又无常に帰なば塵土と成りなむずる身也」 〔朱熹‐秋夕詩〕
② (塵はものに付着して汚すところから) 煩悩にけがれた俗世間。けがれた現世。この世。
※玉塵抄(1563)三七「天帝からつみに行て下界の塵土えをい下された人ぢゃと云たぞ」 〔姚合‐送崔約下第帰揚州詩〕
③ 国土。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)塩釜「かかる道の果塵土の境まで、神霊あらたにましますこそ」
④ 価値のないもののたとえ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塵土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塵土の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation