@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

塵肺【じんぱい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

塵肺
じんぱい
pneumoconiosis
粉塵を長期間吸入することによって,それがに貯留して,そのため肺組織に線維増殖性変化を中心とした不可逆的な病変を起した状態をいう。粉塵の種類によりケイ肺,鉄粉肺,石綿肺炭肺石肺などがある。最も古くから存在する職業病である。肺に線維化が起って結節をつくり,塊状巣を形成する。これに伴って肺胞壁の破壊が起って肺気腫となり,肺の換気・血流障害がもたらされる。症状息切れ心悸亢進など。いったん結核肺炎などの感染症を合併することが多い。肺に変化が起ると治療によって回復させることはできないので,予防対策,早期発見が重要である。塵肺法,労働安全衛生法,労働基準法によって,定期健診,作業環境管理,業務上疾病としての補償が行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じん‐ぱい〔ヂン‐〕【×塵肺】
吸入した粉塵が肺に沈着することによって起こる病気職業病の一つで、粉塵の種類によって珪肺(けいはい)石綿肺炭肺などがある。塵肺症肺塵症

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じんぱい【塵肺 pneumoconiosis】
職業病の一つで,長期間にわたって吸入された多量の粉塵が肺に沈着し,その結果,肺に広く繊維増殖性変化(肺繊維症)を起こす病気である。このため肺胞への空気の出入りが悪くなり息切れが起こる。最も数が多く,重症に進みやすいのは珪肺石綿症である。このほか鉄粉吸入の鉄肺,アルミナ粉塵吸入のアルミナ肺などがあり,また無機粉塵だけでなく綿肺サトウキビ肺線香肺など有機粉塵によるものもある。 病気が進むと,呼吸困難などの自覚症状が起こる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じん‐ぱい ヂン‥【塵肺】
〘名〙 職業病の一つ。採炭、採石などの労働に長年従事する者が、肺に粉塵がたまって呼吸機能に障害を起こす病気。珪肺・石綿肺・炭素肺・アルミナ肺などがある。息切れ、土色の顔色、むくみ、食欲不振などの症状を呈する。昭和三五年(一九六〇)じん肺法が制定、保護措置が規定された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塵肺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

塵肺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation