@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

境目【サカイメ】

デジタル大辞泉

さかい‐め〔さかひ‐〕【境目】
境となる所。相接する所。分かれ目。「人道と車道の境目」「及落の境目にいる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さかいめ【境目】
くぎりになる所。境界。 隣の家との-に垣根を巡らす
物事の分かれ目。きわ。 ここが勝つか負けるかの-だ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さかい‐め さかひ‥【境目】
〘名〙
① ある土地、場所などの区切りとなるところ。際目。境界。〔明応本節用集(1496)〕
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「『さかい』とはナ、物の境目(サカヒメ)じゃ」
② 敵と味方が接している所。
※石見吉川家文書‐(天正九年)(1581)五月一九日・吉川経家書状「頃従堺目之到来に、但州七味郡え為一行
③ 事柄の、自と他、善と悪、良と不良などが、それによって分別されるわかれ目。
※抱擁家族(1965)〈小島信夫〉四「自分が人間になるか、ならぬかの境目ですよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

境目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

境目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation