@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

境膜

栄養・生化学辞典

境膜
 運動する流体表面に近い内部にあって,表面に接した境界部分をとみなしていう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうまく【境膜 laminar film】
2相が接触する界面に存在して熱あるいは物質の移動の抵抗となっていると仮想される流体の静止膜。層流底層laminar sublayerともいう。境膜の厚みd,2相の温度差をT1T2,流体の熱伝導率をkとすると,単位時間,単位面積当りの伝熱量qは q=(k/d)(T1T2)と表される。これはまた伝熱係数hを用いるとqh(T1T2)と表されるから,伝熱係数(熱伝達係数)と境膜厚みの間にはhk/dの関係がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

境膜
キョウマク
laminar film

層流底層ともいわれるもので,運動している流体中に置かれた物体の表面に乱流境界層が生じる場合,境界層内部の物体表面に接したきわめて薄い層では,外側の境界層内の乱れの影響が及ばず,流れは層流状態を保つ.このごく薄い層を境膜という.層流である境膜と乱流域との間には明確な境界面は存在せず,層流域から多少乱れの影響を受けた領域を経て乱流域へ変化する.この境膜の存在を実験的に最初に確認したのはT. Stantonである.境膜内の速度分布はほぼ直線的であり,せん断応力は一定で物体表面上の値に等しいと考えられる.また,境膜内では,熱は熱伝導物質の分子拡散により移動する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

境膜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

境膜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation