@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

増井清【ますい きよし】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

増井清 ますい-きよし
1887-1981 大正-昭和時代の畜産学者。
明治20年9月14日生まれ。昭和10年東京帝大教授となる。のち名大教授。の初生雛雌雄鑑別法の開発で知られる。日本畜産学会,日本遺伝学会会長。昭和56年8月6日死去。93歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「動物遺伝学」「家畜比較解剖学」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ますいきよし【増井清】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

増井清
ますいきよし
(1887―1981)

獣医学者。静岡県に生まれる。1915年(大正4)東京帝国大学農科大学獣医学科を卒業後、ドイツのカイザー・ウィルヘルム研究所(現、マックス・プランク研究所)においてR・B・ゴルトシュミットのもとで「性の決定」に関する研究を行った。帰国後、1935年(昭和10)東京帝国大学教授に任命され家畜解剖学講座を担任、家畜解剖学・発生学・遺伝学の講義を受け持った。数多い研究業績のなかでとくに注目すべきものは、1924年に発表された『雄鶏ニ於(お)ケル退化交尾器官並ニ初生雛(びな)ノ雌雄鑑別ニツイテ』(橋本重郎(じゅうろう)・大野勇共著)で、この業績を基礎として開発された初生雛の指頭鑑別法は、日本の養鶏界の発展に大きく寄与するとともに、日本人鑑別師が世界各国で活躍する端緒となった。

[正田陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増井清」の用語解説はコトバンクが提供しています。

増井清の関連情報

関連キーワード

ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ[各個指定]芸能部門ハメネイ石井桃子ラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎松本幸四郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation