@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

増誉【ぞうよ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

増誉
ぞうよ
[生]長元5(1032)
[没]永久4(1116)
平安時代末期の天台座主 (ざす) 。父は藤原経輔。一乗坊と号した。承保1 (1074) 年権少僧都となり,白河,堀河両天皇の護持僧をつとめた。その後熊野三山の検校をつとめ,京都聖護院を建て,のちの修験道本山派のとなった。晩年は天台座主,次いで,大僧正となり権勢をふるった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぞうよ【増誉】
[1032~1116]平安後期の天台宗の僧。修験道に通じた。京都聖護院の開山四天王寺広隆寺・園城寺を住し、熊野三山検校(けんぎょう)から天台座主(ざす)になった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

増誉 ぞうよ
1032-1116 平安時代中期-後期の僧。
長元5年生まれ。藤原経輔(つねすけ)の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の行円について出家。修験道に通じ,白河上皇の熊野(くまの)詣での先達をつとめて,はじめて熊野三山検校(けんぎょう)となる。京都に聖護(しょうご)院をひらく。園城寺長吏,天台座主(ざす),大僧正にすすんだ。永久4年1月29日死去。85歳。通称は一乗寺僧正。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぞうよ【増誉】
1032‐1116(長元5‐永久4)
平安後期の天台宗の僧。一乗寺大僧正とも号する。大納言藤原経輔の子。6歳で園城(おんじよう)寺乗延の室に入り,別当行円に就いて剃髪,行観に灌頂を受けた。若くして葛城に入峯,苦行を積み修験の徳を称され,白河,堀河両天皇の護持僧となり,両天皇のほか藤原師房,聡子内親王媞子内親王の病気平癒を祈って験あり,女御藤原苡子(いし)を蘇生させた話がある。1090年(寛治4)白河上皇の熊野御幸に供奉,熊野三山検校の初例となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぞうよ【増誉】
平安中期の天台宗の僧。号は一乗寺僧正。藤原経輔の子。乗延法橋・園城寺行円に学び、特に修験道に通じた。延久元年(一〇六九)錦織寺行観に阿闍梨位灌頂を受け、承保元年(一〇七四)白河院の護持僧となる。以後、白河上皇・堀河天皇に重んぜられ、仏教界の第一人者として活躍し、長治二年(一一〇五)天台座主に任ぜられた。長元五~永久四年(一〇三二‐一一一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増誉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

増誉の関連情報

関連キーワード

李元昊ヨハネス19世(20世)李元昊個人情報流出と企業のネット管理全国の待機児童殺人事件数の推移オノン川小右記

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation