@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

増鏡【ますかがみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

増鏡
ますかがみ
南北朝時代の歴史物語作者二条良基か。巻冊数不定。『水鏡』『大鏡』とともに三鏡の一つ,『今鏡』を加えて四鏡の一つで,鏡物最後の作。元弘3=正慶2 (1333) ~天授2=永和2 (76) 年頃成立。治承4 (1180) 年7月後鳥羽天皇誕生から元弘3=正慶2年6月後醍醐天皇隠岐からの還幸までの 154年間の事跡を編年体で記したもの。承久の乱と元弘の乱という二大事件を山として,当時の公家の記録や日記類を多数引用し,和文脈の文章で叙述を進めている。公家のに立って,朝廷を中心に宮中儀式や御遊のありさまなどを主として描き,王朝生活への憧憬が著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ますかがみ【増鏡】
南北朝時代の歴史物語。17巻。増補本もある。著者二条良基説が有力。応安年間(1368~1375)に成立か。治承4年(1180)後鳥羽天皇誕生から元弘3=正慶2年(1333)後醍醐天皇還幸までの歴史を編年体で記したもの。四鏡の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ますかがみ【増鏡】
南北朝時代の歴史物語。17巻本と20巻本がある。著者は二条良基が有力視されるが,確証はない。《大鏡》《今鏡》《水鏡》とならぶ〈四鏡〉最後の作品。《今鏡》のあとをうけて,後鳥羽院誕生の1180年(治承4)から,隠岐に流されていた後醍醐天皇が京都に帰還する1333年(元弘3)までの150年間を編年体で記す。第1巻〈おどろの下〉~第4巻〈三神山〉では,後鳥羽院の治政と承久の変による院の隠岐への配流,第5巻〈内野の雪〉~第10巻〈のなみ〉では,後嵯峨・後深草亀山天皇の時代を扱い,その宮廷風俗や,この時期に外戚として勢力を持つに至った西園寺家のありさまを述べる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ますかがみ【増鏡】
歴史物語。一七巻。一九巻または二〇巻の増補本もある。二条良基作とする説が有力だが未詳。応安年間(1368~1375)頃の成立か。「大鏡」などにならって、後鳥羽天皇即位から後醍醐天皇の隠岐おきからの還幸まで、一五代約150年間の歴史を編年体で記す。「源氏物語」や「栄花物語」の影響を受け、流麗な擬古文で叙す。四鏡の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

増鏡
ますかがみ
南北朝時代の歴史物語。3巻。作者は二条良基(よしもと)が最有力視されている。成立年代については諸説があり、上限を1338年(延元3・暦応1)、下限を1376年(天授2・永和2)とするなど幅は広い。記載年代は後鳥羽(ごとば)天皇誕生の1180年(治承4)7月から1333年(元弘3・正慶2)6月後醍醐(ごだいご)天皇が隠岐(おき)から京都に還幸され、建武(けんむ)新政が樹立するまでのほぼ150年間を編年体で記す。形式は作者が嵯峨(さが)清凉寺に詣(もう)でた際に100歳を超える老尼が語った歴史を筆録したというもの。内容は承久(じょうきゅう)の乱と元弘(げんこう)の変を両極にして、その間の後鳥羽院の隠岐(おき)配流をはじめ、順徳(じゅんとく)上皇(佐渡)、土御門(つちみかど)上皇(土佐、阿波(あわ))の遠島配流のようすや南北両朝迭立(てつりつ)に揺れ動く公武社会のようす、蒙古(もうこ)の襲来等を描く。とくに宮廷における行事や公家(くげ)の文化的生活についての記事は詳しい。鎌倉時代の歴史的な大事件にはほとんど触れているが、その史実の選択と視座に偏りがみられる。それは朝廷中心に描かれており、公家の目で世の中をみているところに特徴がある。公家社会から武家社会へと推移していく歴史の必然性に背を向け、幕府の独裁政治下にあって貴族社会時代の甘美な夢をみたとする説や、艶(えん)とあわれに満ちた文化的な生活が鎌倉時代の宮廷に一貫して存在し続けたことを立証しようとした気持ちが作者にあったとする説などがある。文章は『源氏物語』の影響を受けて優艶(ゆうえん)である。各巻名は「藤衣(ふじごろも)」「草枕(くさまくら)」「むら時雨(しぐれ)」など優雅な名がつけられている。[祐野隆三]
『時枝誠記・木藤才蔵他校注『日本古典文学大系87 増鏡他』(1965・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ますかがみ【増鏡】
南北朝時代の歴史物語。一七巻。また、一九巻・二〇巻の増補本がある。著者は二条良基説が有力。応安年間(一三六八‐七五)から永和二年(一三七六)頃の成立という。治承四年(一一八〇)の後鳥羽天皇の生誕から元弘三=正慶二年(一三三三)の後醍醐天皇の隠岐からの還幸までの一五〇余年の歴史を和文で綴る。「大鏡」にならい、戯曲的構成をもつが、編年体で記される点、「栄花物語」と近く、「源氏物語」の影響も目立つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

増鏡
ますかがみ
南北朝時代の歴史物語。四鏡の最後
14世紀中ごろの成立。20章。作者不詳(二条良基が有力)。1180年後鳥羽天皇生誕から1333年後醍醐 (ごだいご) 天皇の隠岐 (おき) からの帰還まで,15代約150年間の史書。王朝と幕府との内乱衝突を描くことが主題文体は擬古文で『源氏物語』などを借用したといわれ,流麗優雅である。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

増鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation