@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

墨壺【すみつぼ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

墨壺
すみつぼ
大工,石工直線を引くのに用いる道具の一つ。クワやケヤキ材でつくられる。一方状にくりぬいて肉を入れ,他方に墨糸を巻いた車を備える。墨は墨肉をくぐらせて引出すようになっており,先端につけた仮子 (かりこ。かることもいう) で固定し,墨糸をはじいて直線の墨付けをする。黒墨の代りに朱墨を入れる場合は朱壺といわれ,ほかなどの色墨を使うこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すみ‐つぼ【墨×壺】
直線を引くのに用いる大工道具。糸車に巻いた墨糸を、墨を含ませた綿の中を通して引き出し、墨糸の端の仮子(かりこ)(小さな(きり))を刺してまっすぐに張り、糸を指で弾(はじ)いて墨線を引く。
墨汁(ぼくじゅう)を入れる壺。墨入れ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すみつぼ【墨壺】
大工や石工が材に直線を罫示するのに用いる道具。一方に濃墨汁をしませた真綿を入れた壺を,他方に糸(墨糸)を巻いた車を備え,糸を墨池(壺)の中をくぐらせて引き出し,糸の先につけた仮子(かりこ)(猿子,軽子)という小錐で刺し止め,糸を張って指ではじいて直線を印する。竹棒の両端を蓖(へら)および筆状にしたものを墨指(すみさし)(墨芯)といい,墨壺と一対として用いられる。墨糸で直線を引くことを墨掛(すみかけ),墨指で線引きしたり文字書きをすることを墨付(すみつけ)という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

す‐つぼ【墨壺】
〘名〙 =すみつぼ(墨壺)
※鵤荘引付‐応永一七年(1410)「当住具足、合、すつほ二、大小、阿彌陀院寄進」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墨壺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

墨壺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation