@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

墨染桜【スミゾメザクラ】

デジタル大辞泉

すみぞめ‐ざくら【墨染桜】
桜の一品種。花は白色で単弁。
京都の伏見墨染にあったという伝説上の桜。上野岑雄(かみつけのみねお)の「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染めに咲け」という「古今集哀傷和歌にちなんだもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すみぞめざくら【墨染桜】
桜の一種。花は小さく単弁で白いが、茎・葉とも青く、薄墨色のように見える。
墨染
のあたりにあったという伝説上の桜。藤原基経の死をいたんで上野峯雄が「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け」と詠じたところ、墨染め色に咲いたという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すみぞめ‐ざくら【墨染桜】
[1] 〘名〙
① サトザクラの園芸品種。花は葉より早く咲き、単弁で大きく径三・五センチメートルぐらいで芳香に富む。花色はかすかに紅色を帯びた白色。花芽は緑色。観賞用に栽植される。《季・春》
※大観本謡曲・墨染桜(室町末)「契り少なき花衣、墨染桜こずゑに残る」
② 京都市伏見区深草墨染町の墨染寺(通称、桜寺)の境内にある桜。藤原基経の死を悼んで上野峯雄(かみつけのみねお)が「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染に咲け」と詠んだところ、墨染色に咲いたという。
※平仮名古活字三巻本宝物集(1179頃)中「今にふか草のすみぞめざくらとてあり」
[2] 謡曲。三番目物。金剛流。作者未詳。古名「岑雄(みねお)」。深草院の崩御を悲しんで出家した峯雄が、深草山の御陵を訪れ、院がいつもご覧になっていた桜を見て「深草の野辺の桜し心あらばこの春ばかり墨染に咲け」と詠むと、里の女が現われて「春ばかり」を「春よりは」と変えるように頼む。その夜、僧の夢に墨染桜の精が現われて舞を舞う。「古今和歌集」「遍昭集」による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墨染桜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

墨染桜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation