@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

墨汁【ボクジュウ】

デジタル大辞泉

ぼく‐じゅう〔‐ジフ〕【墨汁】
墨をすった汁。特に、すぐに使えるように製造した黒色の墨液。
イカタコの体内にある黒い

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼくじゅう【墨汁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

墨汁
ぼくじゅう

筆記用としてすぐに使えるようにした墨液。1900年(明治33)に田口精爾(せいじ)が初めて墨汁の製造に成功して、実用化された。油煙、松煙、カーボンブラックなどの顔料を主原料とし、それらを水に分散させるため、膠(にかわ)や合成樹脂(ポリビニルアルコール)などを加えて一定の粘性を出している。また、湿度の少ない冬季などに凝固するのを防ぐため、吸湿性の強い塩化石灰も混入されている。油煙などの炭素を多く含む高級品は、とくに液体墨とよばれ、書家用と一般用がある。それに学童用、工業用の墨汁のほか、ねり墨、朱色顔料を入れた添削用の朱液などがある。顔料の粒子が細かく沈殿をおこさないもの、光沢がよくて黒いもの、にじみの少ないものなどが良品である。

[野沢松男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼく‐じゅう ‥ジフ【墨汁】
〘名〙
① 墨をすった汁。とくに、字を書くために、すぐ使えるように製造した黒い液。すみじる。墨瀋(ぼくしん)。墨水。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔図絵宝鑑〕
② インク。
※漂荒紀事(1848‐50頃)凡例「西洋は、本邦支那の如き筆墨を用ひず、〈略〉墨汁は鉄液に没食子を合せ製す」
③ イカやタコの体内にある黒い液。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墨汁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

墨汁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation