@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

墾田【こんでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

墾田
こんでん
治田 (はりた) ,開田,開発ともいう。開墾した田。「記紀」「風土記」にみえる小墾田,新治などの地名や,治田連,尾張連などの氏族名はこれと関係があるといわれる。大化改新のによって全国に実施しようとした班田制 (班田収授法 ) により開墾奨励策がとられたが,やがて墾田は有力者に集中し,一般農民はこれに苦しむ場合もあった。そのため政府は和銅4 (711) 年有力者の山野占有を禁止し,空閑地の開墾には官の許可を要することとし,さらに養老6 (722) 年には良田 100万町歩の開墾計画を立てた。しかし農民が,墾田の苦労が多く収公期の早いことを嫌ったため,政府は翌年『三世一身法』を制定したが,相変らず収公期が近づくと耕地を放棄する農民が多かったため,天平 15 (743) 年『墾田永世私財法』を制定し,開墾地の一定の永久私有を認め,やがて全面的な私有を認めるにいたった。これは土地公有を基本とする律令土地制度の崩壊の第1歩であった。これにより中央の権門勢家,大寺院,地方の豪族は競って墾田を開いたので,これが荘園の一つの起源となり,律令制の崩壊を早めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こん‐でん【墾田】
律令制下、新たに開墾した田。朝廷公民を使役して開墾した公墾田と、有力社寺や貴族・地方豪族が開墾した私墾田がある。はりた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はり‐た【墾田】
新しく開墾した田。こんでん。
「寺々に―の地(ところ)許し奉り」〈続紀・宣命〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はる‐た【墾田】
《「はる」は開墾の乾田(かんでん)。沼田湿田などをいう地方もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんでん【墾田】
未墾地に対する既墾田を意味する場合と,新たに開墾した田を意味する場合とがある。また開墾予定地を墾田地ともいう。古代の史料では,新たに開墾した田をさす場合が多く,治田(はりた),開田(見開田)などともよばれた。墾田の語は主として古代から中世に用いられ,近世には新田の語が用いられた。日本では水稲耕作農耕の中心となるので,墾田も水田が主となり,灌漑排水などの施設の造成が,墾田開発のなかでも重要な地位を占めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

墾田
こんでん

「はりた」と読み、「治田」とも表現される。本来、新規に開墾した田地をさすが、開墾予定地として取得した土地をも含めていう場合もある。律令制(りつりょうせい)以前における開墾状況の詳細は不明だが、「治田連(むらじ)」の氏姓名や「治田」「幡多」などの地名が存し、また開墾にまつわる説話も存して、朝廷の屯倉(みやけ)経営、豪族の私有地経営、国造(くにのみやつこ)の部内経営などの場で、かなりの開墾が行われたと思われる。律令制の下では、水利は政府の管理下に置かれたので、水田の開発は原則として政府の行うべき仕事であったと考えられ、水田の増加は国司・郡司の勤務評定に際して治績の一つに数えられている。令(りょう)の条文には、荒廃田の再開墾に関する規定と、国司の在任中の任国における未墾地の開墾に関する規定とがあるだけで、一般的な未墾地の開墾に関する規定を欠いている。しかし現地の農民自身の手による小規模な開墾まで否認したとは思われない。大宝令(たいほうりょう)の注釈書『古記』が「百姓墾」に言及しているのはその現れとみてよい。また大化前代まで私地私民をもっていた貴族や豪族が、新たな田地所有の手段として原野の先占(せんせん)とその私費開墾をかなり行ったことも史料の行間に読み取ることができる。711年(和銅4)政府は一方において貴族有勢者たちの山野占有を禁断するとともに、他方、正式に申請することによって開墾を認める措置をとっている。さらに722年(養老6)には、政府は公費によって良田百万町を開墾する計画をたてたが、これは机上のプランにすぎなかった。

 開墾が本格的に行われるようになったのは、723年の三世一身法以後、ことに743年(天平15)の墾田永年私財法以降のことである。この後、墾田は増加の一途をたどり、権門勢家や寺院の強圧、国司の不正などによって地味のよい口分田(くぶんでん)用地と交換されるなどのこともおこり、班田収授法崩壊の一因となった。ことに寺院は自らの開墾のほか、買得や寄進によって墾田を集積し、荘園(しょうえん)を形成していった。また平安時代に入ると、勅旨田の名のもとに政府が人民に賃銀や食料を支弁して開墾させることも行われた。この勅旨田は上皇や親王などに与えられたり、また寺院に寄進されたりしている。墾田は一般に輸租田であったが、勅旨田は不輸租田。古代末から中世にかけて、新規開墾田は「新田」「別名(べつみょう)」などとよばれて、墾田の語はしだいに姿を消してゆく。

[虎尾俊哉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こん‐でん【墾田】
〘名〙 未開地を新たに開墾した田地。また、開墾予定地をもいう。公墾田、私墾田の別がある。はりた。
※続日本紀‐天平一五年(743)五月乙丑「如聞、墾田依養老七年格、限満之後、依例収授〈略〉自今以後、任為私財三世一身」 〔国語‐周語中・定王〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はり‐た【墾田】
〘名〙 新しく開墾した田。こんでん。
※続日本紀‐天宝勝宝元年(749)四月一日・宣命「寺々に墾田(はりた)の地許し奉り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はる‐た【墾田】
〘名〙 (「はる」は開墾の意) 稲刈りの後、畑としても使える乾田(かんでん)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

墾田
こんでん
律令制下,公地以外に新しく開かれた田地
原則として輸租田。律令制では土地公有を原則としたが,人口の自然増加などによる口分田不足から,723年に三世一身法,743年に墾田永年私財法が公布され,公地主義の原則が破られた。以後,貴族・寺社などによる私墾田の開発・経営が急増し,太政官符・民部省符・国司免判などによる不輸租化に伴って荘園が成立した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墾田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

墾田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation