@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

壁書【かべがき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

壁書
かべがき
「へきしょ」とも読み,張文ともいう。室町戦国時代の取決め事項,事の進行次第,遵守事項などをに張出した文書。壁書と呼ばれるものには,室町幕府の『政所壁書』,戦国大名の発布した分国法を編集したものでは,肥後人吉の相良為続,長毎,長祇3代の法度を集めた『相良氏壁書』 (→相良家法度 ) ,山陽山陰,西海3道にわたる強大な守護分国を築き上げた大内氏法令集『大内家壁書』,豊臣氏の『大坂城中壁書』などがある。江戸時代の藩庁にも壁書の間などがあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かべ‐がき【壁書(き)】
壁に書くこと。また、壁に書いた文字。
壁書(へきしょ)2」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき‐しょ【壁書】
壁に書くこと。また、その書いたもの。かべがき。
主に室町時代命令布告また(おきて)などを板や紙に書いて壁にはりつけた掲示かべがき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かべがき【壁書】
〈へきしょ〉ともいう。規則や法令などの通達方法の一つで,この方法で発布された法令の名称ともなる。この名称の起源は,中国における壁に書く法令などの伝達方式にもとづくが,日本では,板や紙に書き,壁や門にかけて掲示したので,張文,懸札ともいう。この壁書は,本来役所や寺院などの内部規則をその当事者に通達するものであった。現存する最も古い壁書といわれる807年(大同2)の壁書も律令官人の着座に関する規定であり,幕府・戦国大名においてもこのような諸機関の規則伝達手段として広くもちいられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

壁書
かべがき

「へきしょ」とも読み、「張文(はりぶみ)」「押文(おしぶみ)」などともいわれる。遵守すべき事項や儀式の次第などを示すために作成される文書で、必要事項を箇条書にし、責任者や担当者が署名し、武家の邸館、寺院のしかるべき建物の壁などに張り出した。伝わっている最古のものは、807年(大同2)の官吏の着座に関するものであるが、室町・戦国時代には幕府、大名、寺社などで用いられ、室町幕府では侍所(さむらいどころ)、政所(まんどころ)などに掲示された。内容からすれば法令の一種であり、定文(じょうもん)、掟書(おきてがき)といってもよい。これを収録した法令集が編纂(へんさん)されることがあり、室町幕府の「管領并政所(かんれいならびにまんどころ)壁書」、防長の大名大内氏の「大内家壁書」、豊臣(とよとみ)秀吉の「大坂城中壁書」などが有名である。実際に壁に張らないでも壁書という場合もあったと思われる。

[羽下徳彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かべ‐がき【壁書】
〘名〙
① 壁に書くこと。また、その文字。へきしょ。
② 法令や掟(おきて)などを板や紙に書いて壁にはりつけた掲示。へきしょ。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)九月一七日「則被一紙壁書、可于円隆寺南大門

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき‐しょ【壁書】
〘名〙
① 壁に書くこと。また、その書かれたもの。かべがき。〔景徳伝燈録‐三〕
② 法令や布告、また掟(おきて)や心得を板や紙に書いて壁にはりつけた掲示。特に、戦国時代の大名の家法。大内氏掟書など。かべがき。
※太平記(14C後)一四「今度の合戦に於て忠あらん者には、不日に恩賞行はるべしと云し壁(ヘキ)書」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

壁書
かべがき
室町・戦国時代,幕府・守護大名が発布した法令の呼び名
「へきしょ」とも読む。掟書 (おきてがき) ・条目・法度 (はつと) と内容は同じ。公布の際,木や紙などに書いて殿中の壁などに張り出したのでその名がある。室町幕府の『政所 (まんどころ) 壁書』,戦国大名大内氏の『大内家壁書』,豊臣秀吉の『大坂城壁書』などが有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壁書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壁書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation