@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

壇ノ浦の合戦【だんノうらのかっせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

壇ノ浦の合戦
だんノうらのかっせん
源平合戦(→治承の内乱)の一つ。元暦2(1185)年3月24日関門海峡の下関側にある壇ノ浦の沖合いで行なわれた戦い。四国の屋島を追われた平家軍勢は,豊後(大分県)に立ち寄り態勢を整えて壇ノ浦で源義経の軍勢を迎え撃った。合戦は初め平家に有利であったが,戦いの途中潮流が変わり,流れに乗った源氏が攻撃に転じたため,平家のは自由を失って敗れた。義経が土地の古老に,干満の度合いや潮流の変わる時刻をたずね聞いて,戦いを勝利に導いたといわれる。この合戦の結果,安徳天皇をはじめ平家の一門は入水して果て,大将平宗盛は捕えられ,平家は滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

壇ノ浦の合戦
 1185年に下関市の壇ノ浦で源氏[げんじ]と平氏[へいし]が争った戦いのことです。平氏は香川県の屋島[やしま]で敗戦した後、下関市の彦島[ひこしま]にいましたが、それを源氏は追いかけ、壇ノ浦で戦いになりました。激しい戦いの末、平氏の多くが戦死し、安徳[あんとく]天皇平清盛[たいらのきよもり]の妻(二位尼[にいのあま])に抱かれて入水し、平氏はほろびます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だんのうらのかっせん【壇ノ浦の合戦】
1185年の長門壇浦における源平最後の合戦。平宗盛の率いる平家は源義経を総大将とする源氏の軍勢に敗北。安徳天皇は二位尼とともに入水、宗盛らは捕らえられて、平家一門は滅亡した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壇ノ浦の合戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壇ノ浦の合戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation