@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

壒嚢鈔【アイノウショウ】

デジタル大辞泉

あいのうしょう〔アイナウセウ〕【壒嚢鈔】
室町中期の百科事典。僧行誉(ぎょうよ)の編。7巻。文安3年(1446)成立。事物の起源、和漢の故事、国字・漢字の語源や語義などを解説。→塵添壒嚢鈔(じんてんあいのうしょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

嚢鈔
あいのうしょう
室町中期の類書。7巻(刊本は15巻)。著者は観勝寺の僧行誉(ぎょうよ)で、1445年(文安2)に巻1~4の「素問」(一般的な問題)の部が、その翌年に巻5~7の「緇問(しもん)」(仏教に関する問題)の部が成立した。初学者のために、事物の起源、語源、語義などを、問答形式で536条にわたって説明したものである。「」はちり、「嚢」はふくろの意で、同じ性格の先行書『塵袋(ちりぶくろ)』(編者不明、鎌倉中期成立、11巻)に範をとっている。『塵袋』から201条を抜粋し、『嚢鈔』とあわせて737条としたものが『塵添(じんてん)嚢鈔』20巻(編者不明。1532年成立)である。近世において「嚢鈔」といえば、この『塵添嚢鈔』をさす。中世の風俗や言語を知るうえで有益である。[沖森卓也]
『浜田敦・佐竹昭広・笹川祥生編『塵添嚢鈔・嚢鈔』(1968・臨川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あいのうしょう アイナウセウ【壒嚢鈔】
室町中期の辞書。七巻本と一五巻本がある。行誉(ぎょうよ)撰。文安二~三年(一四四五‐四六)成立。仏教や風俗などに関する和漢の故事、国字、漢字の意味や起源など五三六項目について記した百科事典的なもの。→塵添壒嚢抄(じんてんあいのうしょう)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壒嚢鈔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壒嚢鈔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation