@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

士族の商法【シゾクノショウホウ】

デジタル大辞泉

しぞく‐の‐しょうほう〔‐シヤウハフ〕【士族の商法】
明治初期、特権を失った士族が慣れない商売に手を出して失敗したこと。急に不慣れな商売などを始めて失敗することのたとえ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

士族の商法
古典落語の演目のひとつ。「御膳汁粉」の別題。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しぞくのしょうほう【士族の商法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しぞく【士族】 の 商法(しょうほう)
明治維新後、士族となった旧武士が生活のためになれない事業を起こして失敗したことをいう。不適任の人が商売などをして失敗することが目に見えていることのたとえ。
※歌舞伎・富士額男女繁山(女書生)(1877)三幕「世俗に申す士族の商法、資本も尽きて生活の道を失ひ止むを得ず、人力車夫とまで成り下り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ことわざを知る辞典

士族の商法
士族の商売のやり方。商いを知らない士族が急に商売をはじめても、商人のように愛想よく接客することができず、結局はうまくいかないこと。

[使用例] 結局それも士族の商法に終わり、郷里をさして引き揚げて来ることもまた早かった[島崎藤村夜明け前|1932~35]

[解説] 明治維新武士という身分がなくなり、士族と呼ばれるようになりました。わずかな額の公債を支給されて失業した士族が、生活のために慣れない商売を始め、失敗する例が多かったところからいうことばです。

出典:ことわざを知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

士族の商法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

士族の商法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation