@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

壮年期地形【そうねんきちけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

壮年期地形
そうねんきちけい
landform of maturity
W.M.デービス浸食輪廻説において,幼年期地形に次ぎ,浸食のかなり進行した時期を表わす地形山地では原地形は断片的に残存するのみで,その総面積がの領域より少くなった場合に,早壮年山地という。さらに浸食が進むと原地形は消失して山稜は鋭くなり鋸歯状山形を呈するようになり,満壮年山地となる。次いで山頂部の風化が進み,山稜は丸みを帯びて従順山形を示すようになると,晩壮年山地と呼ばれる。河谷では,川の下刻より側刻が優勢になり谷底氾濫原が形成され,谷底の縦断形が平滑な曲線を示すようになった時期を壮年谷または壮年河川という。河床の縦断曲線流水の能力と荷重の量とが釣合っている状態と考え,平衡曲線と呼ぶ。壮年期地形はさらに浸食が進行すると老年期地形に移化する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうねんき‐ちけい〔サウネンキ‐〕【壮年期地形】
地形の浸食輪廻(りんね)で、幼年期の次の時期にみられる地形。浸食が進んで山の形が険しくなり、V字谷や急斜面の入り組んだ地形。→幼年期地形老年期地形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そうねんきちけい【壮年期地形】
地形輪廻りんねの幼年期に続いて出現すると考えられる地形。浸食が進み、初生的な平坦面はほとんど消え去り、谷は深い V 字形となり、鋭く切り立った峰が並ぶようになる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

壮年期地形
そうねんきちけい
侵食輪廻(りんね)のなかの一つの過程にある地形。もっとも侵食が優勢に作用した結果できる地形である。[市川正巳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壮年期地形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

壮年期地形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation